TOP > 試合結果 一覧

【パンクラス】新星・中田大貴が“前田日明の愛弟子”Ryoとの激闘を制す、4年ぶり復帰のロッキー川村2が初回KO勝利

2021/09/12(日)UP

「エイドリアーン」と勝利の雄叫びの川村

▼コーメイン ミドル級 5分3R
○ロッキー川村2(川村亮)(パンクラスイズム横浜/第11&13代同級王者、2006年NBT Lヘビー級優勝)
KO 1R 3分03秒 ※パウンド連打
●荒井勇二(GUTSMAN/同級2位、2020年NBT同級優勝 )

川村の4年ぶりのパンクラス

 川村はパンクラスの第4代ライトヘビー級王者、第11&13代ミドル級王者。前戦は17年11月のミドル級タイトルマッチで、その前の王座決定戦で破った新村優貴と再戦し、TKO負けで王座を陥落した。以降はプロレスラーとしての活動が主となっていたが、今回、約4年ぶりに選手としてパンクラスに戻ってくる。

 対する荒井は07年にプロデビュー。DEEPやHEATなどで戦った後にパンクラス参戦。前戦となる昨年12月の内藤由良戦では初回KO負けを喫しており、今回が再起戦となる。パンクラス戦績は4勝3敗。

強烈なヒザ蹴りで沈めた川村

 試合は1R、序盤からフェイントを混ぜながら圧力をかけ続ける川村。川村が左ミドルを放つと荒井がキャッチ。柔術黒帯の荒井がバックから組みつき、寝かそうとするが失敗に終わる。ケージ際の攻防、川村の右フックをもらい、荒井が片ヒザをマットに。

 パンチラッシュの川村に対し、荒井がタックルを仕掛けると、川村がそれに合わせて、カウンターのヒザ蹴り!前のめりに倒れる荒井に、川村が追撃のパウンド連打。レフェリーが試合を止めた。

 川村は勝利者インタビューで発した言葉は、4回連呼した「エイドリアーン」のみ。MMA5年ぶりの嬉しい勝利だが、最後まで“ロッキー”キャラの姿勢を貫いて見せた。


葛西和希が林源平に判定勝利

▼第7試合 ライト級  5分3R
●林源平(和術慧舟會Iggy Hands Gym/同級3位)
判定0-3 ※27-30、28-29×2
○葛西和希(マッハ道場/同級7位)

パウンドを落とす林

 ライト級3位の林とABEMA「格闘代理戦争 2nd Season」のトーナメントに参戦経験のある同級7位の葛西が激突。葛西は今年2月のRoad to ONEで修斗&ONEウォリアーシリーズを主戦場にする長田拓也にTKO勝利を飾っている。

 試合は1R、林が左ジャブ、右ローを的確にヒット。葛西は出入りしながらパンチを返していく。オープンスコアのジャッジは2-1で林。

打ち合う両者

 2R、林が左フックを当て、葛西からダウンを奪いパウンド連打。葛西は立ち上がり、お返しとばかりにテイクダウンに成功。巧みにグラウンドコントロールする葛西。林が左目尻をカットし流血。葛西が得意の肩固めを2度もトライ、極まりかかるも、惜しくも極めきれず。ジャッジは三者ともに、巻き返した葛西を支持。

 3R中盤、葛西がテイクダウンに成功しバックコントロール、パウンドを数発落とす。残り15秒、両者が足を止めて殴り合いタイムアップ。
 結局、判定3-0で葛西が自身より上のランカーの林を下した。

▶︎次ページは、その他の試合結果

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】9.12『PANCRASE 323』中田大貴vsRyo、ロッキー川村2vs荒井勇二など生中継・配信情報

・前田日明がコロナ感染で肺炎に、救急車搬送そして入院、危機一髪の闘病を語る

・謎のインド武術家 Team DATE4姉妹が分裂! 法、華蓮が脱退

・格闘家に愛された水道橋老舗サウナがコロナで閉店、長谷川穂積「減量成功し王者になれた」

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧