TOP > 試合結果 一覧

【UFC】衝撃の15秒殺KO!右クロス一撃の失神ダウンに「全てが揃ったKOパンチ、レベルが違いすぎた」と驚愕の声

2021/09/26(日)UP

ドンピシャの右ストレート!衝撃の15秒殺KOの瞬間@UFCより

 9月26日(日・日本時間)に米国ネバダ州ラスベガスで開催された格闘技イベント『UFC266』にて衝撃の秒殺KO劇が起きた。
 劇的なKO勝利を飾ったのは、マシュー・セメルスバーガー(28=米国)ウェルター級マッチのマーチン・サノ(30=米国)との対戦だった。

【動画】15秒殺KO!「全てが揃ったKOパンチ、レベルが違いすぎた」と驚きの声

 セメルスバーガーは17年にプロデビューし昨年8月からUFC参戦。今年6月の前戦で判定負けし、連勝記録が5でストップしたものの、UFCでは既に2勝を挙げている。プロ8勝中5つがKOのKOアーティストだ。

 対するサノは今回5年ぶりに復帰するニック・ディアスのチームに所属。4年半ぶりの復帰戦で2連敗中。15年4月のパンクラスでレッツ豪太の相手として来日したことがあるが、体重超過で失格処分となっている。

 試合は開始早々から、セメルスバーガーが強い圧力。左ジャブ、左ボディジャブとサノを足を止めると、ステップインから強烈な右クロス!

 アゴを撃ち抜かれたサノは失神ダウン。セメルスバーガーが追撃のパウンドを1つ落としたところでレフェリーが試合をストップ。開始わずか15秒の衝撃、会場は大爆発した。

 公式SNSで公開されたこのKO映像に「ようこそUFCへ!」「全てが揃ったKOパンチ」「レベルが違いすぎた」などの驚きの声が寄せられた。

▶︎次ページは【動画】15秒殺KO!「全てが揃ったKOパンチ、レベルが違いすぎた」と驚きの声

●編集部オススメ

・『UFC 266』9.26 試合結果速報=ヴォルカノフスキー&シェフチェンコWタイトル戦、ニック・ディアス復帰

・【動画あり】“最強遺伝子”を持つ17歳女子高生ファイターが壮絶KO勝利、相手の顔面にヒジ&パウンド連打=ONE

・【動画あり】素手ボクシングで100キロ巨体が一撃の失神ダウン、脳天をマットに打ちつける戦慄KOシーンに「こんな倒れ方初めて見た、BKFCの年間最高KOだ」

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧