TOP > 試合結果 一覧

素手ボクシングで100キロ巨体が一撃の失神ダウン、脳天をマットに打ちつける戦慄KOシーンに「こんな倒れ方初めて見た、BKFCの年間最高KOだ」

2021/08/25(水)UP

100kgの巨体が脳天をマットに打ちつける戦慄KO!@bareknucklefcより

 素手ボクシングの格闘技イベント『BKFC 20』が8月21日(日本時間)に米ミシシッピダ州ビロクシにて開催されたが、メインカードのヘビー級マッチにて壮絶なKO劇が起きた。
 ディロン・クラークラー(米国)vsジャスティン・ソーントン(米国)の一戦。

【動画】戦慄の一撃で“素手ボクシング年間最高”KO!失神相手は脳天からマットにダウン

 クラークラーはローカル団体を主戦場にするMMAファイター。 1年前からBKFCに参戦し、現在負けなしの2試合連続KO勝利と勢いに乗っている。対するソーントンも同じくMMA出身の選手で勝ち試合のほとんどがKOによるもの。現在MMAで5連敗中だが、素手ボクシング初挑戦で復活を目指す。

 試合は1R中盤、左右のパンチを振り回しながら前進するソーントンに対し、クラークラーがバックステップでパンチを避けながら、カウンターの右フックを炸裂!
 前のめりに突進したソーントンはピンポイントでアゴを撃ち抜かれ一瞬で失神。100kgの巨体がくの字に折れ曲がり、頭と首からマットに落ちる危険な倒れ方をした。壮絶な初回KO劇に会場は大爆発したが、倒れたまましばらく動けなかったソーントンは担架で会場を後にした。

 BKFC公式SNSに掲載されたこの一撃KOシーンには「こんな倒れ方初めてみた」「頭と首からそのままマットに崩れ落ちた、怖すぎる」「見事なフック、体が大きい分、倒れ方もヤバイ」「BKFCの今年の年間最高KO賞だ」と多く声が寄せられた。

 KO勝利したクラークラーのセコンド情報によれば、倒れたソーントンはアゴを骨折したが、担架で運ばれる前、意識が戻りリング上で体を動かしていたとのこと。しかし、かなり危険な倒れ方だけに、その後の容態は気になるところだ。

▶︎次ページ【動画】は、戦慄の一撃で“素手ボクシング年間最高”KO!失神相手は脳天からマットにダウン

●編集部オススメ

・ヘビー級王座戦で120kg巨漢が壮絶なハイキックKO!相手の完全失神に「これ以上にないドンピシャの一撃!」と絶賛

・“100%決着”ゴームが怒涛のパンチラッシュKO!120kg巨漢が殴られる姿に「人間サンドバック状態だ」と戦慄の声=ベラトール

・素手ボクシングで衝撃の“5秒殺”KO! プロ格デビューのタトゥー男“ワンパン”でダウン、団体史上2番目の最速記録に

・素手ボクシングで37歳プロデビューのヘビー級巨漢、強打を浴びて秒殺TKO負け、ノーガードの余裕を見せるも流血ダウンに呆然

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧