TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】元K-1王者・武居由樹、右フックで一撃TKO勝利!河村は立ち上がれず担架送りに

2022/04/22(金)UP

武居が2RでKO勝利した

大橋ボクシングジム
『PXB PHOENIX BATTLE 87』
2022年4月22日(金)東京・後楽園ホール

▼第6試合/10回戦 スーパーバンタム級
○武居由樹(25=大橋)
TKO 2R 1分23秒 ※右フック→セコンドからのタオル投入
●河村真吾(31=堺春木)

強烈なパンチで攻める武居

 武居は、昨年3月のボクシングプロデビューから3戦とも1R KOで相手を沈めてきたサウスポーファイターで、今回が4戦目。ボクシングでの愛称は、Greatest Krusher。

【連続写真】武居が右フックでKO!河村がダウンする瞬間

 対する河村は日本S・バンタム級16位。獲得タイトルは無いが、これまでIBFパンパシフィック王座、東洋太平洋のタイトル戦に挑んできたベテラン選手。

 1R、両者ともサウスポー。距離を取る武居に、河村がじりじり詰めていく。武居は左ボディフック、左ストレート、右フックと回転力のあるパンチで攻める。

 武居はプロデビュー後、初の2Rを迎えることに。

武居(右)のフィニッシュブロー、これで相手が倒れた

 2R、河村がワンツー、右ボディとパンチを出すが、武居が右ジャブを多用して近づかせない。武居は数発顔面へ右フックを放ち、左ボディを叩き込む。

 すると、武居が右にステップしながら右フックをクリーンヒット!この一撃で河村が後方にバッタリと倒れてダウン。即座に河村のセコンドからタオルが投げ込まれ、武居が衝撃のTKO勝利を果たした。河村は担架で運ばれていった。

KO後、担架が用意され、武居は心配そう

 勝利した武居は「1R目はそんなに行かないつもりでいて、2Rで倒せた。本当は判定でもいけたし、色んな戦い方を考えていました。2R目行ってしまいました」と試合の感想を語る。

 さらに「やっとランカーになれるんですかね。戦いはここからと思っている。K-1から応援してくれる方もボクシングのファンの方も、僕の夢に乗っかってもらって、これからも俺に付いてきてください」とアピールした。この勝利で、戦績を4戦4勝4KOとした武居の今後の戦いに注目だ。

※全試合結果はこちら

▶︎次ページは【連続写真】武居が右フックでKO!河村がダウンする瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・『試合結果』4.22 谷口将隆vs石澤開、武居由樹vs河村真吾ほか全試合 結果 速報=ボクシング

・【ボクシング】佐々木尽、カウンターフックからの連打でTKO勝利!ウェルター級で「絶対強くなる」

・[前日計量]WBO王者・谷口将隆、石澤開の体重超過に困惑、再計量もパスできず

・井岡戦のラウンドガール「こんなにテレビに映るとは…恥ずかしい」ファンも誰!?と話題に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧