TOP > 試合結果 一覧

【NKB】ダウン6回の激闘は海老原竜二が谷津晴之から逆転TKO勝ち! 津崎善郎は田村聖を判定で下す

2022/04/23(土)UP

津崎(右)はパンチで攻めていく

▼セミファイナル(第12試合) ミドル級3R
●田村聖(拳心館/NKBミドル級1位)
判定02 ※29-29、29-30×2
〇津崎善郎(LAILAPS東京北星ジム/WBCムエタイ日本統一スーパーウェルター級4位)

 田村聖(拳心館)がWBCムエタイ日本統一スーパーウェルター級4位の津崎善郎(LAILAPS東京北星ジム)を迎え撃つ。

津崎(右)がハイキックでKOを狙う

 田村は強烈な右フックを武器にKOを量産するハードヒッター。19年に開幕したNKBの「PRIMA GOLD杯ミドル級トーナメント」では3試合すべてにKO勝利し、圧倒的な強さで優勝する快挙を成し遂げた。その後は日菜太や松倉信太郎ら強豪選手としのぎを削ってきた。

 対する津崎はラジャダムナンスタジアム・ミドル級王者の石毛慎也を師に持つ実力者。昨年5月に出場したINNOVATION大会におけるWBCムエタイランキング査定マッチでは馬木愛里の肩脱臼によりTKO勝利。WBCムエタイ日本ランク3位につけている。

田村(左)は反撃したが、やや津崎に押されてしまったか

 1R、互いにカーフキックの蹴り合い。とくに田村は徹底してカーフとローキックで攻めていく。津崎もカーフを蹴りつつ、パンチをまとめて追い込んでいく。大きな差はないが、津崎のプレッシャーがやや上か。

 2R、このラウンドもカーフの蹴り合い。津崎が右ストレートを放つと、田村は右を返す。互いにクリーンヒットはなく、手数も大きな差はない。津崎が前へ出て右ストレートで攻撃。田村は右フック。津崎が前蹴りで転倒させる場面もあった。

 3R、田村と津崎はパンチ主体で攻めていく。右ストレートの津崎、右フックの田村の攻撃が交錯する。互いに下がる様子はない。やや津崎が押している印象はあるものの、田村もパンチで盛り返すため、接戦は続く。勝負は判定となり、津崎が2-0で勝利した。

▶次ページは、野津良太vsカズ・ジャンジラ、佐藤勇士vs森井翼、その他の結果

●編集部オススメ

・【NKB】王者・海老原竜二、田村聖が他団体上位ランカーを迎え撃つ

・【NKB】“怒突き合いお兄ちゃん”髙橋一眞が引退試合前にタイトル防衛、藤野伸哉はTKO勝利で有終の美を飾る

・那須川天心と武尊がキレキレボディで並んでライフスタイル誌に登場、覚悟と相手への想いを語る

・【ONE】三浦彩佳、白黒ビキニで引き締まった美ボディで再起戦へ計量パス=4.22

・4.24『ベラトール』全試合 結果 速報(堀口恭司 バンタム級GP 参戦)=BELLATOR 279

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧