TOP > 試合結果 一覧

【DEEP】桐生祐子が富松恵美から執念のパウンド攻撃で勝利、RIZIN出陣をアピールへ=4thラウンド

2022/05/29(日)UP

メインイベントを任された桐生(上)は富松と対戦して、執念のパウンド攻撃を見せた

DEEP事務局
『DEEP TOKYO IMPACT 2022 4th ROUND』
2022年5月29日(日)東京・新宿FACE

▼第11試合 メインイベント DEEP JEWELS 50kg以下契約 5 分 2R
●富松恵美(パラエストラ松戸)
判定1-2 ※19-19×2(マスト:桐生、19-19(マスト:富松)
〇桐生祐子(フリー)

 JEWELSの試合が、メインイベントに抜擢。50kg以下で富松恵美(パラエストラ松戸)と桐生祐子(フリー)の初対決が組まれた。

1Rに富松は桐生のバックからチョークを仕掛けてあと一歩まで追い込んだ

 富松は柔術黒帯の寝技にキレのある打撃で長くDEEP JEWELSのトップファイターとして活躍。V.V Mei(山口芽生)、長野美香、石岡沙織、SARAMI、前澤智といったライバルたちと鎬を削り、14年にはDEEP JEWELSストロー級暫定王座を獲得。前戦は昨年9月のDEEP JEWELSで、長野美香とタッグを組み、青野ひかる&伊澤星花組とのグラップリングタッグマッチに臨んだが、後にRIZIN女子スーパーアトム級王者となる伊澤に腕十字で一本負けを喫した(伊澤が二本先取で青野&伊澤組の勝利)。MMAは昨年3月に大島沙緒里にキムラロックで一本負けを喫した。

 対する桐生は、DEEP JEWELS、ONE Warrior Seriesなどで戦績を重ねる。その後はリングから遠ざかっていたが、21年12月に2年2カ月ぶりに復帰し、井上智子に判定勝ちで復帰戦を飾った。今年3月にはサダエ・マヌーフに判定2-1で勝利し、2連勝中。

桐生のパンチを被弾する富松

 1R、パンチを打っていく富松。桐生が打撃を出したところで組みつき、テイクダウンからバックを奪う。素早くチョークを仕掛けるが、これは桐生がディフェンスして耐える。富松を前へ落としてチョークから脱出した桐生は、フロントチョークへ。これを回転して逃れた富松に対して、桐生はバックに回ってコーナーへ押し付ける。富松はアームロックを仕掛けるが桐生はディフェンス。やや富松が優位で、ラウンドが終了した。

 2R、パンチ連打で前へ出てくる桐生。何発か被弾しつつも富松は、バックに回ることに成功。コーナーへ押し付ける富松。体を入れ替えて逆襲する桐生。動きがなく、ブレイクとなり、再びパンチの打ち合いへ。ここで富松は、組みつきコーナーへ押し付ける攻防へ。富松がテイクダウンを奪い、バックをうかがうが体勢を入れ替えて桐生が上になる。下からアンクルを狙いに行く富松に、桐生はパウンドを落としていく。何発かもらい、動きが止まる富松。桐生が優勢になったところで試合が終了した。判定は3者とも19-19。マスト判定となり、2₋1で桐生が富松を破った。

富松を下した桐生は、RIZIN参戦をアピールした

 マイクを握った桐生は「ここまで残ってくれたみなさん、ありがとうございます。今回、初めてメイン務めさせてもらって、富松さんという強い選手と戦うことになって、私は下の選手だったんで光栄です。そして、勝利することができて嬉しいです。昨年12月に復帰して、3連勝。RIZINという大舞台へ向けて戦っています。応援をよろしくお願いします!」とRIZIN出場へ向けて、アピールした。

▶次ページは、佐藤洋一郎vs小林ゆたか、高野優樹vsハリー・スタローン

●編集部オススメ

・【DEEP】美ボディ披露の富松恵美「優しくなったと言われる」と苦悩を吐露、桐生祐子「しっかり盛り上げる」気合い十分=前日計量

・【DEEP】朝倉未来1年チャレンジ出身の西谷大成とヒロヤ、トライフォース赤坂第3の男・五明宏人がマッスルポーズで計量パス

・【DEEP】身長差17cm! ゆりなとのリマッチに燃える熊谷麻理奈「自分も楽しんで、みなさんも楽しめる試合に」=前日計量

・【テレビ・配信】5.29『DEEP』2大会、ゲスト解説は「渡辺華奈&上田貴央」「伊澤星花&CORO」生中継・配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧