TOP > 試合結果 一覧

【UFC】エメットが流血の激闘で格上のケイターに勝利「ファイト・オブ・ザ・ナイト」に選出

2022/06/20(月)UP

顔面流血しながらも激闘を制したエメット(右)©️UFC

 6月19日(日本時間)、米テキサス州オースティンで開催された総合格闘技イベントUFCファイトナイト・オースティン』メインイベントのフェザー級マッチにて、同級4位のカルヴィン・ケイター(34=米国)と、4連勝中で同級7位のジョシュ・エメット(37=米国)が対戦。
 エメットが流血しながら構わず猛攻、格上のケイターを判定1-2でで下し、本大会の最優秀試合の「ファイト・オブ・ザ・ナイト」を受賞した。
【フォト】顔面流血エメットとケイターの激闘シーン!

 ケイターはMMA戦績は23勝5敗。レスリングベースで驚異的なスタミナを持ち、破壊力ある打撃も特徴だ。昨年1月には元王者マックス・ホロウェイと判定負けも激闘。今年1月に強豪ギガ・チカゼを下し、タイトル挑戦に大きく前進している。

 対するエメットは182敗 。前回の試合は昨年12月にダン・イゲを下し、現在4連勝中だ。

 試合は両者、慎重な立ち上がりだったが、3Rにケイターの攻撃に構わず、エメットが強打を連発。エメットが左眉あたりをカットし流血するも、長い右フックを何度も当て反撃する。

 4Rもケイターが突き刺すジャブでリズムを作り、相手が懐に入るとヒジを当てるなどペースを作るが、エメットはお構い無しに飛び込み、ワンツー、右フックを放つ。

 最終5R、ケイターのジャブが次々と突き刺さり、エメットの左眉の傷口からの出血は激しくなる。しかし、ここでもエメットは強打で反撃。

 判定は終始アグレッシブに攻め続け強打を当てたエメットが判定は2-148-4747-48×2)で勝利。エメットはこれで連勝記録を5となった。

WME-IMG
『UFCファイトナイト・オースティン』
2022年6月19日(日本時間)米テキサス州オースティン ムーディー・センター
▼フェザー級
●カルヴィン・ケイター(米国)
判定1-2 ※48-47、47-48×2
○ジョシュ・エメット(米国)

▶︎次ページは【フォト】顔面流血エメットとケイターの激闘シーン!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・戦慄の回転バックエルボーで秒殺KO!死角からの一撃で相手は失神=UFC

・【関連動画】120kg巨漢が放つ“死角バックスピンキック”衝撃KO!=UFC

・【THE MATCH】天心が左ストレートで武尊からダウン奪い判定勝ち、無敗のまま有終の美

・【UFC】マクレガー、“悪夢の足骨折”から約1年、初のキック練習映像を公開!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧