TOP > 試合結果 一覧

【アクセル】47歳・我龍真吾の”喧嘩師”復活!顔ボコボコも根性の勝利で9本目のベルト奪取

2022/07/24(日)UP

アクセルプロモーション
『ACCELvol.53』
2022年7月18日(月)兵庫・神戸常盤アリーナ大ホール

安藤優介(右)が勝利

▼第9試合 Gルール85Kg契約 3分3R
●ダニエル・ゴメス(ブラジリアンタイ)
ジャッジ判定3-0
○安藤優介(猛者連愛媛)
※2Rにダニエルがカウント8のダウン

ヒザを繰り出す安藤

 ダニエル・ゴメスは先日、空手の山口翔太と接戦を繰り広げて惜しくも敗れたばかり。

 下から潜り込むように戦おうとするダニエルと、上背を生かしダニエルを見据える安藤。安藤のローキックに転倒するダニエル。ダニエルは何とか1Rをこらえたというところ。

 2R、安藤が蹴りのコンビネーションからカーフキックを数発、ダニエルがマットに倒れカウント8のダウン。ダニエルも攻撃の手を緩めないため安心できない安藤だが、パンチの間に有効なカーフキックを挟み試合のペースを握る。

 3R、安藤が右のカーフキックを数発。試合ラスト、パンチの応酬で終了。ジャッジは3人とも30-24でフルマーク判定で安藤が勝利。


YURA(左)が判定勝利

▼第8試合 Gルール67,5Kg契約3分3R
●小野寺天汰(KICKLAB)
ジャッジ判定2-1
〇YURA(猛者連宮崎)

 小野寺は空手、テコンドーで蹴りでは世界レベル。YURAはその蹴りを警戒しパンチで攻めた。

 1R、いきなりYURAのパンチの猛連打から試合開始。小野寺もパンチが驚くほどの進化を遂げている。前蹴り、三日月蹴り、踵落としと、蹴りでは絶対的に小野寺有利で、YURAは蹴りの後の瞬間に突きを浴びせかけるしかない。

 2RもYURAはパンチのラッシュから開始。しかし、離れた間合いの時間の展開は小野寺の蹴りの独演の時間となる。

 3R、小野寺の蹴りに合わせYURAはパンチで入り込もうとする。結果、判定2-0でYURAが勝利した。

▶次ページは第7~第5試合結果

●編集部オススメ

・内田ノボルがKO負けなど、この大会のその他結果

・話題のリングガール雪平莉左が”Fカップ美ボディ”披露、井上尚弥戦の涙も語る

・【キック】”最後の挑戦”49歳 アクセル酒谷代表がTKO負け、長島”自演乙”の師 62歳黒田がV2達成

・7.17『Breaking Down』全試合 結果 速報=朝倉未来の1分間大会(モハン・ドラゴンvs啓之輔、瓜田純士、こめお、久保田覚、女子マッチほか)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧