TOP > 試合結果 一覧

【K-1甲子園】東日本予選の入賞者らに壬生狼一輝が檄「決勝大会に向けて自己PR動画も期待しとるぞ!」=7.24東京

2022/07/26(火)UP

K-1甲子園2022 東日本予選トーナメント優勝者と壬生狼一輝(左端) (C)K-1

 7月24日(日)東京・GENスポーツパレスにて「K-1甲子園2022~東日本予選トーナメント~」が開催された。

 K-1甲子園は“高校生日本一”を決める大会で、これまで数々のプロ選手を輩出。今年も東日本・西日本の両地区で予選トーナメントを実施し、予選トーナメントの成績優秀者による決勝トーナメントで日本一の座を争う形で行われる(※大学生日本一を決めるK-1カレッジは8月にワンデートーナメント形式で開催)。

 PR大使である元Krushバンタム級王者・壬生狼一輝も来場し、開会宣言では「今回はK-1甲子園の東日本予選で、前回の西日本予選はバチバチに盛り上がったから、それを超える熱い試合を見せてくれると思っとる。頼んだぞ!」と話し、リングサイドで現役高校生の熱戦を見守った。

予選トーナメント優勝者・左から大鹿統毅、横山晏輝、田澤瑠 (C)K-1

 この日は東日本予選として-55kg・-60kg・-65kgの3階級でトーナメントが行われ、8月21日(日)に行われる決勝大会(東京・GENスポーツパレス)への出場権をかけてプロ顔負けのハイレベルな試合が続出した。

 最軽量の-55kgには最多の18選手が出場し、Bigbangでプロキャリアを積み5戦5勝を誇る大鹿統毅が準決勝で酒寄珠玲葵、決勝で川野龍輝を下して優勝。-60kgにはK-1・Krushで活躍する横山巧&朋哉の弟・横山晏輝、昨年のK-1甲子園準優勝の菅誠真らがエントリー。決勝は横山と「第44回K-1アマチュア」K-1チャレンジAクラストーナメント優勝・小野寺隼の対戦となり、横山が勝利を収めた。

 大会後、壬生狼は「試合前に話した通り、東日本予選も熱い試合が繰り広げられとったな。バチバチの試合が見られてよかったわ」と総括する一方「試合は熱いがK-1公式YouTubeチャンネルに出とる自己PR動画がまだ甘い!決勝大会に向けて自己PR動画も期待しとるぞ!」と壬生狼らしい檄を飛ばした。

▶次ページは『K-1甲子園2022~東日本予選トーナメント~』結果

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【K-1甲子園】れあぱぴ・壬生狼一輝も来場、西日本予選トーナメント試合結果=7.3大阪

・【K-1】アマチュア大会で74歳vs67歳の過去最高齢対決が実現=7.24

・【K-1】壬生狼一輝「やる気!元気!一輝!」井脇ノブ子コスプレで話題独占、対戦相手の峯大樹「もらい事故」=8.11福岡

・【K-1甲子園】17歳人気JKれあぱぴ、応援サポーター就任でミニスカ制服&グローブつけ意気込み

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧