TOP > 試合結果 一覧

【LFA】“空手サラブレッド”二宮城太が悔しい初回一本負け、タラヴェラに“裸絞め”を極められる

2022/08/06(土)UP

“空手サラブレッド”二宮城太が悔しい初回一本負け@lfafightingより

 8月6日(日本時間)に米国オクラホマ州ショーニーで開催された総合格闘技イベント『LFA138』のフェザー級マッチにて、二宮城太(29=日本)がニック・タラヴェラ(26=米国)にリアネイキッドチョーク(裸絞め)を極められ、初回一本負けを喫した。

【動画】二宮が裸絞めで一本負けした瞬間!

 二宮は日本空手界のサラブレッド。国際空手道円心会館の館長、二宮城光氏の三男。今年6月の「LFA133」でプロデビューし、秒殺KO勝利を収めた。

 その二宮のプロ2戦目の相手はタラヴェラ。2勝1敗の戦績を持ち、昨年10月の前戦ではリアネイキッドチョークで一本勝ちを収めている。

 試合は1R、二宮は強烈な右カーフキックからオーバーハンドを繰り出し、強いプレッシャー。タラヴェラは組みつき押し込むと、二宮はタラヴェラの首を抱え込んでギロチンチョーク。しかし、これは極まらない。

 すると、タラヴェラが二宮の背中に登りバックテイク。そこから得意のチョーク!二宮はたまらずタップアウトし、一本負けした。

LFA138
8
6日(現地時間)米国オクラホマ州
フェザー級マッチ
二宮城太(日本)
一本 1R241秒 ※リアネイキッドチョーク(裸絞め)
ニック・タラヴェラ(米国)

▶︎次ページは【動画】二宮が裸絞めで一本負けした瞬間!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【LFA】元UFC田中路教がバキバキのマッスルポーズ!参戦の河名マストと二宮城太も計量パス=8.6

・【LFA】元UFC田中路教が悔しいスプリット判定負け、柔術黒帯ファリアスの組みに苦しむ

・【UFC】女王ロンダ・ラウジーが”ビキニ”で計量パス

・【UFC】カウンターパンチから鉄槌KOなど、8.7大会出場選手の衝撃フィニッシュ映像を公開

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧