TOP > 試合結果 一覧

【GLORY】初参戦のRISE王者・直樹、武林風王者にダウン奪われ勝利ならず

2022/08/21(日)UP

RISE王者・直樹が悔しい判定負け©️GLORY

 8月21日(日本時間)にドイツ・デュッセルドルフにて開催された格闘技イベントGLORY 81』に、現RISEライト級王者の直樹(30=BRING IT ONパラエストラAKK)が初参戦。フェザー級マッチ(-65kg)でデニス・ウォシク(25=ドイツ)と対戦したが、ダウンを奪われるなど判定3-0で敗れた。

【フォト&動画】直樹がバックブローでダウンした瞬間!まぶたカット流血フォトも

 直樹は当て勘の良さと優れたカウンター技術を持つRISEを代表する王者。白鳥大珠、ジャルンチャイら強豪に勝利している。

直樹、右目まぶたをカット流血@glorykickboxingより

 対するウォシクは多彩なコンビネーションを武器とする中国の武林風(WLF)-63kg級王者。戦績は35勝8敗1分。18年のK-1 スーパーフェザー級王座決定トーナメントに参戦するも、郷州征宜に判定負けしており、直樹に勝機はあるかとも思われたが…。

 試合は1R、序盤から苦戦の直樹。圧力の強いウォシクに何度も懐に入られ、ワンツー、左フックなどを被弾する。ウォシクの強烈な左に顔が跳ね上がる場面も。

 2R、手数がウォシクに圧倒される直樹。残り1分切った場面でウォシクの前蹴りで直樹がバランスを崩し尻餅。これはダウンとはならなかったが、その直後、ウォシクのバックハンドブローで直樹はダウン。カウント8で立ち上がる。

直樹が判定負け©️GLORY

 3R、逆転したい直樹だが、さらにパンチの回転力が上がったウォシクの攻撃をもらい、右目尻から流血が。前蹴り、三日月蹴り、左ボディを当て必死に攻めるも、劣勢を跳ね返すには至らず。

 判定3-0でウォシクが勝利。直樹と同じく今回がGLORY初戦だったウォシクは「宣言通り、常に圧力をかけ続ける戦いができた。上位ランカーを倒して、早くタイトルに挑戦したい」とデビュー勝利を喜んだ。

Glory Sports International Pte LTD.
GLORY 81』
8月21日(日本時間)ドイツ・カステロ・デュッセルドルフ
フェザー級
デニス・ウォシク(ドイツ)
判定3-0 三者ともに30-26
直樹(BRING IT ONパラエストラAKK

▶︎次ページは【フォト&動画】直樹がバックブローでダウンした瞬間!まぶたカット流血フォトも

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・RISE王者・直樹が立ち技最高峰の舞台で勝利アピール「GLORYは、MMAで言えばUFC。日本人が勝つ姿を見てほしい」

・【RISE】原口健飛が気合のマッスルポーズ!ペットパノムルンに「覚悟、生き様を見せる」と必勝誓う

・【テレビ・配信】8.21『RISE WORLD SERIES』ペットパノムルンvs原口健飛、海人vsペティなど生中継、放送、配信情報

・【動画】まさにミラクル!那須川天心がトリケラトプス拳から竜巻蹴りで衝撃KOの瞬間!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧