TOP > 試合結果 一覧

【素手ボクシング】元UFC同士の激突は37秒KO!打ち合いの一撃で撃沈

2022/10/22(土)UP

カウンターパンチで轟沈、衝撃の37秒殺KO!@bareknucklefcより

 素手ボクシングイベント『BKFC 31: Richman vs. Doolittle』のクルーザー級マッチにて、クリス・カモージー(35=米国)とブーバ・マクダニエル(39=米国)の元UFCファイター同士の対決が実現し、カモージーが37秒殺KO勝利を飾った。

【動画】元UFCカモージーの豪腕フック、衝撃の37秒殺KO劇に!

 10月15日(日本時間16日)、米国コロラド州ブルームフィールドで開催されたこの戦い。カモージーはUFCで19戦を戦ってきたベテラン選手で、昨年は米国MMAの「PFL」で活躍した後、今年からBKFCと契約し、今回が素手ボクシング初戦となる。

 対するマクダニエルもUFCやベラトールで活躍した実力者。MMAキャリア32勝で30フィニッシュ(11KO・19一本)と高い決定力を誇る。

 試合は1R開始、カモージーが左フックを振りながら前進すると、マクダニエルが下がりながらカウンターを狙う。至近距離での打ち合い。カモージーが右のフックのダブルを当てると、マクダニエルが腰から崩れ落ちダウン。マクダニエルはフラフラで立ち上がれず、レフェリーがストップした。

 開始わずか37秒の秒殺KO劇。カモージーはBKFCデビュー戦で華々しい勝利を飾った。

『BKFC 31: Richman vs. Doolittle』
10月15日(日本時間16日)米国コロラド州ブルームフィールド
▼クルーザー級マッチ
○クリス・カモージー(米国)
KO 1R37秒 ※右フック
●ブーバ・マクダニエル(米国)

▶︎次ページは【動画】元UFCカモージーの豪腕フック、衝撃の37秒殺KO劇に!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・マクレガーが驚きのマッスル化!太すぎる首に「チョークも極められない!」と驚きの声

・衝撃のバックスピンキックKO!相手は悶絶ダウン、ガフロフが新王者に=米LFA

・【ONE】“マッスル美女”平田樹、ヒョウ柄トップスに更なる”腹筋&ボディ!”次戦示唆

・【素手ボクシング】怒涛パンチ連打の壮絶KO劇!流血相手は立ち上がるもフラフラでポーズ取れず

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧