TOP > 試合結果 一覧

危険なスラムで戦慄の逆転KO!身体がくの字に折れ曲がった相手は失神ダウン=EFC

2022/11/06(日)UP

危険なスラムで逆転KO!(EFCworldwide公式YouTubeより)

 2022年11月3日(日本時間4日)南アフリカ・ヨハネスブルグで開催された総合格闘技イベント『EFC 99』にて、相手を強烈なスラムで失神させる衝撃のKO劇が起きた。
 KO勝利したのは、デイヴィッド・マンボ(29=コンゴ民主共和国)。フェザー級マッチのカティソ・メイタイム(26=南アフリカ)との一戦だった。

【動画】危険なスラムで衝撃KO!相手は身体がくの字に折れ曲がり失神

 マンボは柔道ベースの期待の新人。アマ11勝1敗の戦績を引っ提げ、今回がプロ初試合となる。対するメイタイムはキックボクシングベースの新人。アマチュアで30戦近くキャリアを積んでおり、プロ2戦でまだ勝ち星がない。初白星が欲しいところだ。

 試合は1R、マンボがメイタイムの蹴り足を掴んでテイクダウンするも、冷静なメイタイムは下から腕十字を仕掛け、マンボが逃げると、今度は三角絞めをすぐさま仕掛ける。
 一本負けのピンチに陥ったマンボだったが、技を掛けられた状態でメイタイムを持ち上げると、そのまま強烈なスラム!

 肩から勢いよくマットに叩きつけられ、身体がくの字のように折れ曲がったメイタイム。その衝撃で頭がマットにバウンドし失神。マンボが鉄槌を顔面に落とすと、レフェリーが試合を止めた。

 衝撃のKO劇に会場は騒然。新人のマンボが衝撃のKOデビューを飾った。

『EFC 99』
2022年11 月3日(日本時間4日)南アフリカ・ヨハネスブルグ
▼フェザー級
デイヴィッド・マンボ(コンゴ民主共和国)
TKO 1R2
55秒 ※スラム鉄槌連打
カティソ・メイタイム(南アフリカ)

▶︎次ページは【動画】危険なスラムで衝撃KO!相手は身体がくの字に折れ曲がり失神

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【UFC】大人気グラマー”ラウンドガール”アリアニー、アンチ誹謗中傷にお悩み「もう放っといて!」

・ヒョードルとも対戦の伝説ファイターが引退試合で惨事、まさかの“危険な反則蹴り”で担架送りに!

・48歳ミルコ・クロコップがムキムキマッスル!強靭な肉体に現役復帰を望む声も

・2m”長身美女”キックボクサーがUFC男との驚きのスパーが話題「この女は強すぎる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧