TOP > 試合結果 一覧

【素手ボクシング】初参戦MMA選手が壮絶6度ダウンでTKO負け、立ち上がるも悔しいストップ!

2022/11/11(金)UP

アレンの突き刺すジャブを顔面にもらうマーラー(左)@bareknucklefcより

 11月5日(日本時間6日)、米国フロリダ州オーランドにて開催された素手ボクシングイベント『BKFC 32: Barnett vs. Herrera』で、初参戦のMMA選手が6度のダウンを喫し立ち上がるも、レフェリーストップによりTKO負けした。
 KOしたのはブランドン・アレン(32=米国)、フェザー級マッチのジョッシュ・マーラー(米国)との一戦だった。

【動画】壮絶6度のダウン!立ち上がるも、無念のレフェリーストップ!

 アレンはBKFCは3戦目。昨年7月のデビュー以降、1勝1敗の戦績を収めている。対するマーラーは今回が初参戦。これまでMMAの国内プロモーションに出場していた実績を持つベテランだ。

 試合は強い圧力で前進するマーラーに対し、高いパンチの精度が自慢のアレンがカウンター狙い。強引に突っ込んでくるマーラーに左のフックを合わせるなど、2R終了までに3度のダウンを奪う。

 3R、右目尻カットで顔面流血のマーラー。3度のダウンで満身創痍の状態だが、諦めないガッツを見せ突進。しかし、アレンのカウンターの餌食にあい、ラウンド開始わずか30秒余りで2度のダウンを奪われる。

 打ち合う至近距離に持ち込もうと、マーラーは闘牛のように前に突っ込むが、ステップワークも巧みなアレンにヒラリヒラリと紙一重でかわされる。
 渾身の右を放ったマーラーだが、アレンから強烈な左ジャブをもらい、6度目のダウン。カウント内に立ち上がるも、レフェリーの呼び掛けに反応できず、レフェリーストップでTKO負けした。

 まだやれると納得のいかない様子のマーラーだったが、その目の焦点は合っておらず、レフェリーの妥当な判断だった。

『BKFC 32: Barnett vs. Herrera』
2022年11月5日(日本時間6日)米国フロリダ州オーランド
▼ライトヘビー級
○ブランドン・アレン(米国)
TKO 3R1分45秒 ※レフェリーストップ
ジョッシュ・マーラー(米国)

▶︎次ページは【動画】壮絶6度のダウン!立ち上がるも、無念のレフェリーストップ!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】11.14メイウェザーvsデジ、皇治vsイングラム生中継、配信情報

・「PLAYBOY」大胆デビューのUFCウクライナ美女、試合間近の鍛えたマッスルボディ公開!

・“強盗撃退”のUFCグラマー美女ヴィアナ、試合でも顔面ボコボコ秒殺KO勝利!

・元女子プロサッカー選手が強烈な飛びヒザ蹴りKO!ボディ直撃で相手は悶絶ダウン=UFC

・マーク・ハントが豪快KO勝利、そして突然の引退宣言「もう無理、これが最後の試合だ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧