TOP > 試合結果 一覧

パンチ連打で頭が左右に揺れる!Lヘビーの驚愕KO劇=KSW

2023/01/24(火)UP

ライトヘビー級の猛者キジャンチュックが怒涛のパウンド連打KO!©️KSW

 1月21日(日本時間22日)にポーランド・シュチェチンで開催された総合格闘技イベント『KSW 78』にて、ライトヘビー級のKOパンチャー、ラファウ・キジャンチュック(30=ポーランド)が怒涛のパウンド連打でマーク・デューセス(ドイツ)に初回KO勝利を飾った。

【フォト&動画】驚愕のKO!パンチ連打で頭が左右に揺れる

 キジャンチュックはキャリア11勝で10KOのハードパンチャー。19年にロシアM-1のライトヘビー級タイトルに挑戦したことのある実力者だ。
 対するデューセスはドイツのMMAプロモーションのベルトを巻いた経験があり、KSWは21年に参戦し1勝1敗の戦績。昨年6月の前戦ではギロチンチョークで一本勝ちを収めた。

 試合は1R序盤、デューセスがキジャンチュックを金網に押し込み投げを放とうとするも失敗。そのままそのまま倒れ込み、キジャンチュックが上になるマウント状態に。逃げるデューセスが背中を向けてしまうと、キジャンチュックは怒涛のパウンド連打!

 強烈な連打を浴び、一瞬意識が飛んだデューセスを見て、レフェリーが試合を止めた。1R2分3秒でキジャンチュックが圧巻のKO勝利。キャリア12勝11個のKOを飾った。

『KSW 78』
2023年1月21日(日本時間22日)ポーランド・シュチェチン
▼ライトヘビー級マッチ
○ラファウ・キジャンチュック(ポーランド)
KO 1R2分3秒 ※パウンド連打
●マーク・デューセス(ドイツ)

【勝者 選手データ】(2023年1月24日現在)


ラファウ・キジャンチュック(30歳・Rafał Kijańczuk・ポーランド)
階級:ライトヘビー級
身長:188cm
戦績:12勝(11KO5敗(TAPOLOGY情報参照)

▶︎次ページは【フォト&動画】驚愕のKO!パンチ連打で頭が左右に揺れる

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・素手ボクシング乱闘に“強過ぎる”代表が制圧し話題に!

・ロシアで悲しすぎる失神KO劇!“こんなパンチ効かない”とアピールも、“おかわり”の豪打で轟沈=HFC

・初参戦の連勝男が戦慄の飛びヒザ蹴りで失神KO!相手は前のめりに倒木ダウン=UFC

・【UFC】元PRIDE&UFC王者ショーグン、引退試合で初回KO負け「私はこれで最後だ、全てに感謝する」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧