TOP > 試合結果 一覧

【ONE】“千裕の兄”鈴木宙樹、全勝アミニプールに悔しいスプリット判定負け

フォロー
2023/02/11(土)UP

“千裕の兄”鈴木宙樹、悔しい判定負け

 2月10日(金・日本時間)にタイ・バンコク ルンピニー・スタジアムで開催された格闘技イベントONE FRIDAY FIGHTS 4』のキックボクシング・バンタム級マッチにて、第2代REBELS 60kg級王者の鈴木宙樹(26=クロスポイント吉祥寺)がファリヤ・アミニプール(22=イラン)にスプリットの判定負け。ONE初戦を白星で飾ることができなかった。

【動画】相手のアゴを跳ね上げる左フック!敗れるも鈴木は善戦

 鈴木は第2代REBELS 60kg級王者で、戦績は15戦14勝(9KO)1敗。空手や総合格闘技の経験を経て、17年8月のKrushでキックボクシングデビュー。21年12月にはプロボクシングに転向し、デビュー戦で1R KO勝利を収めているが、昨年キックボクシングに復帰した。KNOCK OUT-BLACKスーパーライト級王者の鈴木千裕は弟。

強烈なミドルを被弾する鈴木©️ONE

 対するアミニプールはイラン出身でタイの名門ジム、タイガームエタイ所属の若手。11戦全勝のパーフェクトレコードを持つ。

 1R、鈴木はカーフキックを連発し、相手を崩しながらの戦法。一方のアミニプールは序盤からガンガンと勝負を仕掛け、ボディ、ミドル、ヒザ蹴りなど一発一発が重たい攻撃で試合をリードする。

 2R、反撃に出た鈴木がリング中央を取り、三日月蹴りを連発。アミニプールが対処できず、効かされた様子。しかし、アミニプールの手数の多さに、鈴木は蹴りから得意の右ストレートに繋げることができない。

敗れて肩を落とす鈴木(左)©️ONE

 3R、勝負とばかりに共に積極的に前に出る両者。蹴りからパンチの組み立てで果敢に攻める鈴木だが、アミニプールの左フック、ヒザ蹴りを被弾。ラスト30秒、お互い熱い打ち合いを演じるも、お互いダウンなく試合終了。

 甲乙つけ難い接戦。判定は2-1と割れ、アミニプールに軍配。鈴木は僅差で悔しい黒星となった。

 ABEMA放送の実況で兄の試合を解説した鈴木千裕。試合の感想を求められ「どっちに行ってもおかしくなかった。宙樹がもっと三日月とストレートを打っていれば、僕は倒せていたと思う」と悔しそうに語り「練習だ。頑張ろう」と、ゲキを飛ばした。

ONE Championship
『ONE FRIDAY FIGHTS 4』
2月10日(日本時間)タイ・バンコク ルンピニー・スタジアム
▼キックボクシング・バンタム級マッチ
●鈴木宙樹
判定1-2
ファリヤ・アミニプール(イラン)

▶︎次ページは【動画】相手のアゴを跳ね上げる左フック!敗れるも鈴木は善戦

  • 1
  • 2
フォロー

●編集部オススメ

・【ONE】ルンピニー大会出場の鈴木宙樹「日本を背負って戦ってくる」=2.10

・【テレビ・配信】2.10『ONE』鈴木宙樹参戦、生中継・放送・配信情報

・ぱんちゃん璃奈がタイのボクシングジム動画に登場、コーチ「彼女に注目だ」気になる次の舞台は?

・【DEEP】3年ぶり復帰のしなしさとこ、美腹筋マッスルポーズで計量パス「46歳の挑戦です」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧