TOP > 試合結果 一覧

両腕タトゥーの“強面”男、“サンドバック状態”の秒殺KO負け、顔面流血で戦意喪失=素手ボクシング

フォロー
2023/03/03(金)UP

両腕タトゥーの“強面”男、“サンドバック状態”の秒殺KO負@bkfcより

 2月24日(日本時間25日)に米国ルイジアナ州ケナーにて開催された素手ボクシングイベント『BKFC 36』にて、衝撃の秒殺KO劇が起きた。
 両腕に派手なタトゥーを施し強面な面構えの選手が、何もできず、まるでサンドバッグのように殴られ続け、29秒でKO負けしたのだ。

【動画】両腕タトゥーの強面男、“サンドバック状態”の秒殺KO負け!

 KOしたのはマイケル・マノー(27=米国)。ミドル級マッチのフランキー・シュガート(33=米国)との一戦だった。

 マノーはプロ3年目の若手MMAファイター。ボクシングもやっており、それぞれ豪腕パンチでKO勝利を飾っている。

 対するシュガートはMMAとボクシングのプロキャリアを持つ選手。昨年6月のBKFCデビュー戦では61秒の秒殺KO負けを喫しており、今回は何としても汚名返上したいところだ。

 試合は開始すぐ、マノーが一気に距離を詰めてシュガートを猛打。頭を下げてフルガードのシュガートは闇雲に拳も振るも、マノーには届かない。

 すると、反撃できないシュガートは一気にサンドバック状態に。マノーの怒涛のパンチを浴び続け、崩れるようにダウンした。

 左目尻をカットし顔面流血のシュガートは心が折れたか、両手と両膝をマットにつけたまま立ち上がれず。僅か29秒のKO決着。強面の表情で期待させる入場のシュガートだったが、結局、BKFC2戦連続の秒殺KO負けとなった。

 

▶︎次ページは【動画】両腕タトゥーの強面男、“サンドバック状態”の秒殺KO負け!

  • 1
  • 2
フォロー

●編集部オススメ

・18歳の女子選手が戦意喪失の“棒立ち”状態!殴っても倒れない相手に逆転KO負け=ONE

・素手ボクシング人気の“激闘グラマー”美女、足首”グニャリ”逆方向に!自分で戻しファン悲鳴

・無敗の“モデル”美女ファイター、あのメイウェザーに挑戦状!?“高速パンチ連打”に「予想以上だ」とファン衝撃

・【素手ボクシング】“バストアピール”やりすぎ美女、鍛えたマッスルボディに「これは理想」とファン羨望

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧