TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】カネロ、タフな相手に”血まみれダウン”奪う勝利!Sミドル級4団体防衛に成功

フォロー
2023/05/07(日)UP

カネロが4団体統一に成功(getty)

 5月7日(日・日本時間)にメキシコ・グアダラハラのエスタディオ・アクロンにて、プロボクシングWBA・WBC・IBF・WBOのスーパーミドル級4団体統一王座戦が行われ、同統一王者のサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)が、WBO世界同級級暫定王者ジョン・ライダー(イギリス)に3Rから鼻血で顔を染めさせる猛攻、5Rには右ストレートを顔面に食い込ませダウンを奪うなどし、判定3-0で快勝した。

【動画】カネロのパンチが顔面に食い込む!血まみれダウンの瞬間

 カネロは地元メキシコでの4団体防衛戦に、会場は51,000人の観客で大いに盛り上がった。カネロがメキシコの地で戦うのは、2011年11月にカーミット・シントロンを5ラウンドで下して以来、約11年ぶりとなる。

 試合は3Rから動き、ロープに詰め連打したカネロにライダーは鼻から出血、終盤ライダーは右フックを返すタフぶりを見せる。4R、出血が大きくなるも、ライダーは反撃に出る。しかし5R中盤、カネロのワンツーでライダーがダウン。カウント8で立ち上がったが、顔が血で赤く染まっていた。

 以降も、仕留めに行くカネロの攻撃を耐え、反撃に出るライダー。
 8R終盤にライダーが倒れるもスリップ判定に。
 9Rにはライダーは顔面に被弾しぐらつき、ロープにもたれかかるシーンもあったが、終盤にはカモン!と手招きし、顔面を打たせ、血に染めながらも反撃、カネロにパンチもお見舞いした。

 12R、カネロは倒しに行くが、ライダーは打たれても前に出る反撃ぶり。カネロがロープを背負いガードする場面もあった。最後は打ち合い終了。互いに健闘を讃えあった。結果は3-0(120-107、118-19、118-109)と大差だった。カネロは昨年10月に左手首の靭帯損傷の手術を受けて以来、8ヶ月ぶりの試合だったが、それにしてもライダーのタフさも驚異的だった。

 カネロは試合後「彼はとてもストロングなファイター。彼が全力できた時は難しい試合になる。私はそれを知っている。彼をリスペクトしているよ」とライダーを称えた。

 勝利したカネロは今年9月にWBAライトヘビー級王者ドミトリー・ビボルとの再戦を実現するつもりと海外サイトでは報じられる。昨年57日にカネロはビボルに敗れタイトル獲得ならなかったが、果たして再戦でリベンジしライトヘビータイトル奪取なるかにも注目される。

▶︎次のページは【動画】カネロのパンチが顔面に食い込む!血まみれダウンの瞬間

  • 1
  • 2
フォロー

●編集部オススメ

・人気パワーリフティング美女、ボクシング戦へ“超人的”高重量トレーニングに「クレイジー過ぎる」と話題に

・【テレビ・配信】5.7 カネロvsライダー放送、配信情報

・【ONE】武尊、ロッタンの一撃KO劇に「凄い、強い」と称賛!対戦要求に「僕も同じ気持ち」

・【動画】モデル級の美貌持つ元UFC女子、“男性ボコる”練習動画に「パワーがハンパない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧