TOP > 試合結果 一覧

【DEEP KICK】長谷川海翔がTKOで初防衛、大樹はV2、石田迅が-65kg王者に

フォロー 友だち追加
2023/06/21(水)UP

SAMIが勝利

DEEP☆KICK実行委員会
『DEEP☆KICK 66』(6ページ目)

2023年6月18日(日)テクスピア大阪

▼第3試合 RISE公式戦-45kg契約 3分3R
●坂田実優(FASCINATE FIGHT TEAM)
判定0-3 ※28-30×2、29-30
○SAMI(OISHI GYM)

蹴りを放つSAMI

 RISE公式戦と銘打ち行われた坂田実優vsSAMIの1戦、開始からパンチを軸に圧をかけていく坂田だったが2RからSAMIは前蹴りとテンカオを武器にポイントを奪っていく。挽回を狙いたい坂田は更にパンチを振っていくが少々単調だったか、SAMIの牙城を崩せず3-0でSAMIが判定勝利。

 これで2戦2勝、大会2日前に「ONE Friday Fights 21」でも激闘を繰り広げた愛する旦那の小川翔(OISHI GYM)のセコンドも大きかっただろう、夫婦ともに更なる活躍に期待したい。


中嶋愛樹斗が勝利

▼第2試合 DEEP☆KICK-55kg契約 3分3R
●井上大和(NJKF TOKEN KICKBOXING GYM)
TKO 2R 2分10秒 ※レフェリーストップ
〇中嶋愛樹斗(誠剛館)

パンチを打つ中嶋愛樹斗(右)

 プロ3戦目の中嶋愛樹斗が早くもDEEP☆KICKランカーである井上大和に挑戦。

 1Rから互いにフックやローなどスピード感あふれる打ち合いを繰り広げていく中、中嶋の右ストレートが井上にクリーンヒットしファーストダウンを奪う。しかし井上も立ち上がると後退せずすぐに打ち合いに行く辺り気持ちが強い。

 続く2R、再び打ち合いに出る両者だったが中嶋の右フックがヒットし再びのダウン奪取。それでも打ち合いから引かない井上だったが最後は中嶋のストレートで三度目のダウン、ダメージを見たフェリーがそのまま試合をストップさせ2R2分10秒、中嶋がTKO勝利を奪った。これで3戦3勝3KOと確かな実力を披露しランキング入りも確定、同門でありDEEP☆KICK-53kg王者の長谷川海翔のように無敗のままDEEP☆KICK王者に向けて-55kgランキングを暴れまわれるのか。


樹斗が勝利

▼第1試合 DEEP☆KICK-51kg契約 3分3R
○樹斗(MONSTER JAPAN)
判定3-0 ※三者とも30-29
●山中涼惺(大阪キック T.B.NATION)

膝を放つ樹斗

 デビュー戦同士だが互いにアマチュア時代から圧倒的な実力を誇ってる樹斗vs山中涼惺の1戦は開始からハイレベルな技術戦に。

 しかしながら身長差は約13cm樹斗が上回っておりリーチ差が出たか、山中も最後まで食らいついていくも判定は3-0で樹斗がデビュー戦勝利を獲得し大会第1試合から大熱狂を呼び込んだ。

 勝った樹斗はもちろん負けた山中も次戦に期待したい、そんな1戦だった。


西本一翔が勝利

<オープニングイベント>NEXT☆LEVEL提供試合

▼OP第1試合 -20kg契約 1分2R
●石原 光(teamFIST)
判定0-3 ※三者とも19-20
○西本一翔(誠剛館)

打ち合う両者

 -20kg契約で対峙した石原光vs西本一翔の1戦、試合は同門キッズたちの応援を背に両者一歩も譲らぬ打ち合いになるも判定は3-0で西本が勝利を勝ち取った。

(文・三野龍生/写真・石本文子)

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【DEEP KICK】-55kg王者・翔磨が負傷判定で初防衛、KING TSUBASAは-51kg新王者に

・【DEEP KICK】真琴がランキング上位の力也に判定勝ち、石田迅がTKO勝利で-65kg王座T決勝進出

・【DEEP KICK】田邉雅弥が悠YAMATOにTKO勝利!-65kg王座決定T決勝へ進出

・“突然変異体”ボディビルダー、両手足が恐ろしく肥大化!モンスター級の肉体に「これ以上巨大にするの?」の声

・ボクシング世界女王が”トランス女性”の女子部門参加に反対「私の命が危険に」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています
」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧