TOP > 試合結果 一覧

【BOM】吉成名高、外国人史上初ラジャ2階級制覇王者に!終始テクニックで圧倒

フォロー 友だち追加
2023/07/09(日)UP

名高・エイワスポーツジム(中央)がラジャ2階級制覇を達成した

株式会社BOMプロモーション
『Shimizu presents BOM 42』

2023年7月9日(日)東京・Spotify O-EAST

▼メインイベント ラジャダムナンスタジアム認定フライ級(50.80kg)タイトルマッチ 3分5R
●ウェウワー・ウォークリンパトゥム(タイ/王者)
判定 0-3 ※46-49、48-49、47-50
〇名高・エイワスポーツジム(=吉成名高/エイワスポーツジム/挑戦者)
※名高が新王座に就く。

勝利した名高(右)

 名高は18年12月にラジャダムナンスタジアム認定ミニフライ級(47.63kg)を獲得、19年4月にはルンピニーの同級タイトルも獲得し、日本人初のラジャダムナン・ルンピニー統一王者に輝いた。現在破竹の21連勝中で、今年に入っても2月、4月、5月とハイペースで試合し、KO勝利し続けている。今回はラジャ2階級制覇を狙う。

 対するウェウワーは、今年5月に新王者に輝き、今回が初防衛戦となる27歳で戦績は180戦150勝30敗。今回が初防衛戦となる。

強烈なローを蹴る名高(右)

 1R、名高がサウスポーで様子を見る。お互いにローを放つが、クリーンヒットはない印象。お互いにディフェンステクニックを見せる。名高がローを数発ヒットさせる。2Rになると、名高は距離を掴んだか、三日月蹴りやミドル、ローなどの技をヒットさせるようになる。

 3R、ウェウワーは随所でミドルを蹴り込むが、名高がロー、ミドル、三日月蹴りなどの技で上回る。ミドルを蹴りまくる名高がペースを掴んだ。4Rには、名高は蹴り足を掴んでのストレート、ヒザ蹴りをボディへ突き刺して、ウェウワーをひるませる。中盤以降、名高はロー、ミドルでの蹴り合いで本場タイ人を圧倒するように。

名高の蹴りが決まる

 最終5R、前に出るウェウワーは組んでの左ヒザ蹴り。名高は前蹴りで突き放し、左ローを強打する。名高はボディストレートをヒットさせ、ウェウワーの飛び込みは交わす。組み付くウェウワーだが、名高は華麗に入れ替わる。笑みを浮かべる名高は、相手を誘い込むようにして、ジャブを2発ヒット。残り1分弱、お互い流すような素振りを見せる。お互いにリング上をサークリングして、終了のゴングを迎えた。

名高(右)が勝ち名乗り

 最後まで名高が相手にペースを与えることなく、判定3-0で勝利。外国人として史上初のラジャダムナンスタジアム2階級制覇王者となった。

 名高は「今回2階級目のタイトルマッチ、KOを狙っていたけど、相手が上手くてフィニッシュには繋げられなかった。強い選手がいると実感しましたし、まだまだこのレベルの選手に圧倒的な試合ができたらスターになれると思います。あと一歩だと思います。皆さんの応援が力になりますので、応援宜しくお願いします」とコメント。最後に’’3階級制覇’’の野望を掲げた。

▶︎次ページは上野賢志vs.知花デビット、桂英慈vs.誓、そのほかの試合結果

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】7.9『BOM』吉成名高ラジャ2階級制覇挑戦、伊藤紗弥ほか生中継・放送・配信情報

・【BOM】世界4冠王・伊藤紗弥、メインでムエタイ強豪と激突=7.9

・【BOM】吉成名高、”前人未踏”のラジャ2階級制覇に自信「どの技で倒すか楽しみにして」

・【海外ムエタイ】竜哉がラジャダムナンでKO勝利し10連勝に!焔も判定勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧