TOP > 試合結果 一覧

【イノベーション】青木洋輔、梅田勇一との接戦制しWBCムエタイ日本王座奪取、RISE出撃アピール

フォロー 友だち追加
2023/07/09(日)UP

右ローでKO勝ちした涼矢(右)

▼第5試合 団体対抗戦 66kg契約 3分3R
〇涼矢(エボリューションムエタイジム/INNOVATIONウェルター級1位)
KO 2R 1分37秒 ※左ローキック
●冨田拓也(PCK大崎 team rings/聖域東北スーパーライト級王者)

 今年4月にINNOVATIONウェルター級1位のランボーを破る番狂わせを起こした涼矢が連続参戦。9戦5勝(1KO)4敗の聖域東北王者・冨田と対戦した。

 前日計量で契約体重オーバーだった涼矢にはレッドカード(減点1)、試合はグローブハンデで行われた。

 1R、右ローで距離を取る冨田に、涼矢は距離を詰めて左フックをクリーンヒット。

 左右ローでも削っていく涼矢に対し、冨田は打ち合いを仕掛ける。2R、涼矢は右ローを集中打すると、冨田は足を引きずり倒れ、ダウンカウントが入る。冨田は立ち上がれず、涼矢がKO勝ちした。

 

 


皆川(左)に左ハイキックを見舞う紀州のマルちゃん(右)

▼第4試合 団体対抗戦 スーパーフェザー級(58.97kg) 3分3R
〇紀州のマルちゃん(武勇会/INNOVATIONスーパーフェザー級1位)
判定3‐0 ※30‐27、30-28、30-27
●皆川裕哉(KICK BOX/ジャパンキックボクシング協会/ジャパンキックボクシング協会フェザー級2位)

 4月のタイトルマッチではINNOVATIONスーパーフェザー級王者・新田宗一朗に挑戦するも一進一退の激戦の末に判定0-1のドローに終わったマルちゃん。今回の相手、皆川はジャパンキック協会ランカー。

 1R、右ロー、ミドルの皆川に、マルちゃんは組み付いてなぎ倒す荒々しい攻めを見せ、ワンツーをクリーンヒットさせダウンを奪う。

 2R、パンチで反撃する皆川に、マルちゃんは組み付いて対抗。距離が開くと、マルちゃんはミドルとハイを散らしていく。3R、パンチの皆川に、マルちゃんは左フック、バックスピンなどを出して攻め続ける。ダウンを取ったマルちゃんがフルマークの判定勝ちを収めた。


▼第3試合 ジム対抗戦 63kg契約 2分3R
〇弘・センチャイジム(センチャイムエタイジム)
判定2‐0 ※29‐29、29-28、29-28
●大河内佑飛(RIKIX)

▼第2試合 ジム対抗戦 58kg契約 2分3R ※肘打ち及び首相撲なし、ワンキャッチワンアタックルール
〇夢叶(エムトーンジム)
KO 2R 2分19秒
●蓮真(PCK連闘会)

▼第1試合 ジム対抗戦 48kg契約 2分3R  ※肘打ち及び顔面膝蹴りなし
△翔力(拳伸ジム)
判定0‐1 ※28‐29、29-29、29-29
△木谷陽晴(谷山ジム小田原道場)

▼オープニングファイト第2試合 SMASHERS提供試合 一般クラス ライト級(62kg) 2分2R ※ヘッドギアなし
〇山本琢也(クレイン)
判定3‐0 ※三者とも20‐18
●カーン(中島道場)

▼オープニングファイト第1試合 SMASHERS提供試合 ジュニアクラス 30kg契約 90秒3R
〇阿部 凌(橋本道場)
判定3‐0 ※30‐28、30-29、30-28
●小貝春喜(拳伸ジム)

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【イノベーション】梅田勇一vs青木洋輔のWBCムエタイ日本王座戦、ランボーや紀州のマルちゃんら参戦=7.9

・【岡山ジム興行】花岡⻯がバンタム級賞金トーナメント制覇、ヒジあり同級日本一アピール

・ラウンドガール波田さん、ミニの白衣装で登場!ファン「最高に綺麗」

・魔裟斗、続出する“計量オーバー問題”を斬る「俺たちは凡人、天才のマネをしてもダメ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧