TOP > 試合結果 一覧

“歌舞伎町最強ホスト”舞杞維沙耶が怒涛のパンチで逆転KO勝利、相手は“体重50kg”差の柔道家

フォロー 友だち追加
2023/09/22(金)UP

劇的勝利した舞杞

 ブレイキングダウン ヘビー級で人気の”歌舞伎町最強ホスト“舞杞維沙耶が、9月18日に開催された新潟の格闘技イベント『TRIGGER.1』に参戦。
 相手の“アジア柔道選手権銅”の100kg超級柔道家・西潟健太にパンチの嵐で逆転KO勝利し、話題になっている。

【動画】最強ホストが”新潟柔道界レジェンド”に秒殺KO勝利!

 舞杞は“歌舞伎町最強ホスト”を名乗り『巌流島』にも出場経験を持つ。ブレイキングダウンでも“身長2メートル超えモンスター”エドポロキングと激闘するなど、ヘビー級マッチ常連の人気ファイターだ。

 舞杞はXで18日当日朝「春に戦った戦友が昨日の試合で手骨折して、今日の試合出れなくて困ってるから、ちょっくら新潟行って試合してきます」と投稿。

この体格差!右が西潟 @tamanegiboy1215

 試合の相手は“新潟柔道界レジェンド”とも言われる100kg超クラスの強豪柔道家・西潟健太。講道館杯で二度の準優勝、アジア選手権の個人戦でも3位とそうそうたる経歴を持つ。
『TRIGGER』サイトによると、現在体格は193cm、体重は148㎏という巨漢だ。

 舞杞の身長は183cm、昨年11月のブレイキングダウン計量時には約100㎏とされており、体重差は約50kgになる。

 試合はキックボクシングルールの、2分1R(延長1分)。
 しょっぱな舞杞が後ろ蹴りを腹に入れるも、西潟が詰めては一方的に左右フックで殴る。
 しかし開始20秒ほどで、ロープに詰められた舞杞が怒涛のパンチラッシュを叩き込み続けると、西潟が前のめりにヒザをついた。
 立ち上がるもレフェリーが試合を止めた。

 舞杞は試合の動画をシェアし「最高にいい経験だった!ガードの上からでも効かされる。この感じゾクゾクした」と満足気だ。コメントでも「めっちゃ強くなってる」と喜びの声が並んだ。

 今回、舞杞は新幹線が遅延し「試合まで1時間くらいでまだ新幹線に居る」と投稿しており、オファーもギリギリなら、到着もギリギリだったようだ。
 パンチの的確さが上がっているという意見もあり、次の試合も楽しみにしたい。

▶次のページ:【動画】最強ホストが”新潟柔道界レジェンド”に秒殺KO勝利!

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・ヘビー級ボクサー但馬ミツロ、ノッコン寺田のボディ打ちに余裕の笑顔!“試合決定”の声も

・“朝倉海の愛弟子”信原空、12月のDEEP参戦表明!失神KO勝ちに「DEEPの方が安心できる」

・朝倉未来、練習再開もジムの鏡破壊!「久々の練習で」と謝り顔

・雪平莉左、グラマーなラウンドガール姿にファンKO「反則級」「勝利の女神だ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧