TOP > 試合結果 一覧

【S-BATTLE】佐藤誠真、“空手界の最強プリンス”宮崎皓紀に勝利し新王者に輝く

フォロー 友だち追加
2023/11/14(火)UP

占部タイガ(左)に判定勝ちした大橋瑞毅(右)

▼第9試合 S-BATTLE KARATEミドル級タイトルマッチ 2分3R延長1R
〇大橋瑞毅(正道会館健明館/王者)
判定2‐0 ※29‐28、29-29、30-29
●占部タイガ(正道会館大河道場/挑戦者)
※大橋が初防衛に成功

 昨年11月大会で小山天都(矢島道場)を1R 45秒戦慄の飛びヒザ蹴りでKOし、チャンピオンに輝いた大橋が初防衛戦。挑戦者の占部は、キックも総合も空手ルールもこなすオールラウンダー。徳川杯空手道選手権大会で優勝を果たし、タイトルマッチに挑む。

 お互いに道衣を脱ぎ、道衣を掴んでの攻撃ができないのが特徴の今回の空手マッチ。

 1R、突き主体の占部に、大橋は左ハイ、ローを散らす。2Rも突き主体の占部に、大橋は突き放して左インロー、ミドル。占部が豪快にこかすと、大橋も回転蹴りの大技を見せる。3Rも止まらない突き連打の占部に、大橋は掴んでの一発ヒザを何度も繰り返して削っていき応戦。判定で大橋が勝利し防衛に成功した。


スペシャルエキシビションマッチで対戦した吉成名高(右)と國本真義(左)

▼第8試合 S-BATTLE 2023 スペシャルエキシビションマッチ 2分3R
-吉成名高(EIWA SPOETS GYM)
勝敗なし ※エキシビションマッチのため
-國本真義(MEIBUKAI)

 外国人として史上初のラジャダムナンスタジアム2階級制覇王者となるなど、現在25連勝を誇る吉成と、MEIBUKAIの看板選手でS-BATTLEバンタム級王座、WMCインターコンチネンタル バンタム級王座を獲得している二冠王・國本のエキシビションマッチ。

 1R、距離を取る吉成は軸足払い、キャッチしてのこかし、掴んでは豪快にこかして優勢をアピール。2Rには強烈な左ミドルで会場をどよめかせ、3Rには國本の連打を寸前で見切り、回転の速いパンチ連打で沸かせた。

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【S-BATTLE】吉成名高がエキシで参戦、空手界の最強プリンスがメインでタイトル防衛戦=11.12

・【BOM】吉成名高が驚きの左ミドル“一撃破壊”KO!相手は骨折か?朝陽、羅向も豪快1R KO勝利を飾る

・【S-BATTLE】SB・竹野元稀、國本真義との接戦を制してWBKF世界タイトル奪取

・【S-BATTLE】加藤久輝が初回KO勝ち、K-1へ弾みつける

・【S-BATTLE】若手シュートボクサーの勢い続く、SB竹野元稀が新王者に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧