TOP > 試合結果 一覧

【海外MMA】テコンドー五輪”銅”デスパイネ、またも4秒”の秒殺KO劇!3試合計わずか19秒でUFCと契約

フォロー
2023/12/05(火)UP

驚きの4秒葬!相手は倒木ダウン @UFCFightPass

 12月3日(日・現地時間)米国テキサス州で開催された総合格闘技イベント『Fury FC 84』のヘビー級戦(5分3R)で、ロンドン五輪テコンドー銅のロベリス・デスパイネ(35=米国)が、なんと”4秒”KO、右フックで失神させ仕留めた。
 デスパイネは前戦9月にはハイキックで”3秒”KOしている。
 この試合の僅か数分後には、デスパイネがUFCと契約したことが発表された。

【動画】デスパイネが右フックで豪快”4秒葬”した瞬間、前戦の”3秒”KOも

 デスパイネは12年のロンドン五輪で、キューバ代表としてテコンドー80kg超級で銅メダルを獲得している実力者だ。

前戦、デスパイネがハイキックで豪快“3秒葬”した瞬間 @Alexbehunin

 アメリカに移住すると22年6月に総合格闘技デビューし、1R TKO勝利。今年6月の2戦目ではわずか12秒でパウンド勝利、さらに9月には出会いがしらの右ハイキックで”3秒”KO劇を成し遂げている。

 今回の相手は、アマチュアで1RKOを連発しFuryのアマチュアヘビー級王者になったマイルズ・バンクス(米国)だ。今年11月のプロデビュー戦でも、77秒KOしている。

 ”瞬殺”ファイター同士の対決だ。
 開始直後にデスパイネが左ミドルを蹴ると、相手が右フックを合わせる。
 さらに、デスパイネが右フックを合わせると、相手はゆっくりと棒立ちになり倒れた。
 
 この間、僅か4秒。すぐさまレフリーが入り、試合がストップした。

 そして試合の僅か10分後、リング上で「デスパイネがUFCと契約した」と発表された。どうやらUFC副社長でマッチメイカーのミック・メイナードが試合を見ていたらしい。

 デスパイネは直近、今年3試合の合計が、僅か19秒。
 現在ジョン・ジョーンズが君臨するUFCヘビー級に、とんでもないポテンシャルを持つファイターが加わった。

▶次のページ:【動画】デスパイネが右フックで豪快”4秒葬”した瞬間、前戦の”3秒”KOも

  • 1
  • 2
フォロー

●編集部オススメ

・【海外MMA】テコンドー五輪銅ファイターが“3秒”KO劇!ヘビー級のド迫力ハイキックで相手は大の字

・【柔道】速すぎる…”秒殺寝技女子”角田夏実、全4試合の合計わずか約4分で優勝!”もはや達人”の声

・戦慄の瞬速ハイキックで秒殺KO!失神相手は“壊れた人形”のように壮絶ダウン=ブラジルSFT

・志穂美悦子、バズった自身の”68歳”マッスルボディを説明、そのトレーニングとは!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧