TOP > 試合結果 一覧

なんと審判も気づかない!?電光石火のチョークで恐怖の失神劇=ロシアMMA

フォロー 友だち追加
2024/01/20(土)UP

電光石火のチョークで恐怖の失神劇(@ACAMMAFIGHT)

 1月19日(日本時間20日)にロシア・チェチェン共和国で開催された総合格闘技イベント『ACA Young Eagles 44』メインイベントのウェルター級マッチにて、ラマザン・ユズヤシャロフ(22=ロシア)がマゴメドラスル・イサガジエフ(27=ロシア)に初回一本勝ちした。電光石火のアナコンダチョークでイサガジエフが失神したが、ユズヤシャロフにアピールされるまで、審判がそれに気づかないという衝撃のフィニッシュだった。

【動画】電光石火のチョーク葬!敗れた選手が失神も審判気づかず

 ユズヤシャロフは21年からACA Young Eaglesの常連若手。昨年8月の前戦は判定負けしたものの、それまでは3戦連続フィニッシュ勝利(2KO・1一本)と決めの強い選手だ。
 対するイサガジエフは17年11月のデビュー戦の黒星からは現在まで5連勝と波に乗っている。

 試合は1R前半はスタンド打撃の一進一退の攻防。ユズヤシャロフがハイキックからバックハンドを見せると、背を向けたユズヤシャロフにイサガジエフが組みついたが、投げて倒したのはユズヤシャロフ!

 再びイサガジエフが組みついていくと、今度は電光石火のアナコンダチョーク!

 ユズヤシャロフがレフェリーにイサガジエフが落ちたことをアピールし、技を解くとイサガジエフは崩れ落ち、完全に失神していた。

 1R3分57秒、ユズヤシャロフが会心の一本勝ちを決めた。

 レフリーも全く気づかなかった恐怖の絞めにネット上では「やばすぎる」「審判が気づかないなんて」と驚きの声が上がった。

『ACA Young Eagles 44』
1月19日(日本時間20日)ロシア・チェチェン共和国
▼ウェルター級マッチ
○ラマザン・ユズヤシャロフ(ロシア)
一本 1R3分57秒 ※ギロチンチョーク
●マゴメドラスル・イサガジエフ(ロシア)

▶︎次ページは【動画】電光石火のチョーク葬!敗れた選手が失神も審判気づかず

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・これは危険、関節技の相手に反則の顔面蹴りで一発失格!=米国女子MMA

・【ボクシング】人気“セクシー女優”ブルックが計量パス、タイトル戦へランジェリー姿で割れた腹筋!

・“誰!?”UFC人気ラウンドガール、貴重な“スッピン姿”!化粧し水着着用まで公開し話題に

・デッドリフト500キロ“怪力世界一”がハイキックで壮絶ダウン!MMA戦への練習中に「まるで銃で撃たれたような音」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧