TOP > 試合結果 一覧

【UFC】“驚異のフィニッシャー”グスコフ、怒涛の豪腕パンチで衝撃KO!

フォロー 友だち追加
2024/02/17(土)UP

グスコフ(左)が衝撃KO(UFC公式YouTubeより)

 2月10日(日本時間11日)に米国ネバダ州ラスベガスで開催された総合格闘技イベント『UFCファイトナイト236』のライトヘビー級マッチにて、ボグダン・グスコフ(31=ウズベキスタン)がザック・パウガ(35=米国)に初回KO勝ち。怒涛の豪腕パンチでなぎ倒し、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

【動画】グスコフが怒涛の豪腕パンチで衝撃KOの瞬間!

 グスコフは強打を武器に、キャリア14勝のうち12KO、2つの一本勝ちという驚異のフィニッシャー。昨年9月のUFCデビュー戦では一本負けを喫しており、再起を懸けての一戦に臨んだ。

 対するパウガは米国MMAの「LFA」や「Cage Warriors」で活躍。22年8月にUFC育成企画「TUF」のヘビー級トーナメントで決勝まで進むも、モハメド・ウスマンにKO負け。その後ライトヘビー級に落としているが直近は2連敗、今回は勝利が欲しいところだ。

 試合は1R、右のカーフキックを放つパウガに対しグスコフもパンチを返していく。グスコフのパンチが当たり出し、それを嫌ってかパウガは組みついてケージに押し込む。一旦離れて再びスタンドの展開。そしてラウンド後半、グスコフの右ストレートから左のパンチ連打がヒット!前から崩れ落ちたパウガに、グスコフが追撃、何も出来ないパウガを見てレフェリーが試合を止めた。

 1R3分38秒、グスコフが衝撃のKO勝利を飾り、この日のパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

UFCファイトナイト236
2
10日(日本時間11日)米国ネバダ州ラスベガス
▼ライトヘビー
級マッチ
●ザック・パウガ(米国)
KO 1R3
分38秒 ※右ストレートパウンド
⚪️ボグダン・グスコフ(ウズベキスタン)

▶︎次ページは【動画】グスコフが怒涛の豪腕パンチで衝撃KOの瞬間!

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・小顔美女ビルダー、世界トップモデルに激似と“比較フォト”が話題に!

・伝説の”傷の手当て人”が語る“MMA史上最悪の流血試合”は…「失神しそうになった」

・合計4度の反則が飛び出す激痛ノーコンテスト!2度のローブローを受けた選手は病院直行=UFC

・米国で素手ボクシング惨敗の女子選手、歯が吹き飛ぶ“顔面崩壊”に「なぜセコンドは止めなかった…」ファン悲鳴

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧