TOP > 試合結果 一覧

【スックワンキントーン】”無敗のJDファイター”辻井和奏が前蹴り一撃KO!MOMOTAROがリク・シッソーを完封、老沼隆斗がクンクメール戦士に衝撃KO負け

フォロー 友だち追加
2024/06/02(日)UP

辻井姉妹・長女の和奏(右)が上段前蹴りで一撃KO勝利した

ノーナクシン東京
『スックワンキントーン decisive battle』
2024年6月2日(日)東京・新宿FACE
【第2部】▼第7試合 51kg契約 2分3R
〇辻井和奏(BRING IT ON)
TKO 2R 1分3秒 ※上段前蹴り
●トゥン・セッペン(CAMBODIA RCAF SPORT)

長い脚で蹴り込む辻井

 辻井はスックワンキントーン女子フライ級王者で、妹の和花と共に女子大生ファイターとしてSNSでも人気を博す。

 タイ国イーサン&ラナーフライ級王者の肩書も持つテクニシャンで、身長168㎝の長身から鋭い前蹴り・ミドルを得意とする。7勝1分けの無敗。

 対するセッペンはカンボジア武術「クンクメール」の選手。16歳で戦績は8勝1敗1分。

辻井次女・和花(和奏の左)と勝利を喜ぶ、三女の愛和(和奏の1つ飛んで右)にも期待だ

 1R、辻井は序盤から前蹴り、セッペンで相手を突き放し、後半はコーナーに追い詰め前蹴り、ハイキックで相手をコーナーから出さない。

 2R、辻井がボディへの前蹴りで前に出る。またもロープに追い詰めると、いきなり右上段前蹴り!セッペンはひっくり返りそのまま立てない。レフリーが試合を止めた。
 辻井が見事なTKO勝利を飾った。

▶辻井和奏が長い脚でカンボジア戦士を完封&KO!(画像はクリックで拡大


4冠王・MOMOTAROが多彩な蹴りで完封勝利

▼メインイベント(第9試合) 60kg契約 3R
〇MOMOTARO(OGUNIGYM/元WBCムエタイ インターナショナル フェザー級王者、元WBCムエタイ日本統一フェザー級王者、元NJKFフェザー級王者)
判定3-0 ※三者共に29-28
●リク・シッソー(トースームエタイジム/スックワンキントーン ライト級1位)

蹴りで相手を近寄らせなかった

 MOMOTAROは、元WBCムエタイ インターナショナル フェザー級王者をはじめ3冠王。NJKFからONE、K-1グループと幅広く活躍する。
 対するリクは元スックワンキントーン ライト級王者で、現在同級1位。元WMCスーパーフェザー級王者の肩書も持つ。

 サウスポーのMOMOTAROが軽やかなリズムからミドル、ハイ、詰めてはパンチ連打からのヒジと圧倒的にペースを握る。
 2R、リクは変わらずカウンター狙いで時折強烈なミドル、右オーバーハンドを振る。組んではヒジも狙うがMOMOTAROはハイ、ミドル、かけ蹴りと多彩なキックの嵐。

左ストレートを入れる

 3R、後が無いリクはパンチコンビネーション、ヒジ狙いもMOMOTAROの前蹴り、左ミドルに阻まれる。最後はMOMOTAROも左ストレートヒジを当てて行った。

 完勝したMOMOTAROは「自分は今月34(歳)になるので、(引退まで)あと数戦だと思うので、最後まで悔いなく戦いたいです」と選手生活ラストスパートをかけると宣言した。

▶次のページ:老沼隆斗がカンボジア戦士に衝撃の1RKO負け!SB”笠原兄弟”三男・直希が次期挑戦者に、その他の試合結果

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・高身長Krushガール、“デカ女ブーム”に魅せた美脚!過去K-1ガールズ挑発で話題も

・【BD】安保瑠輝也、スダリオ剛に激勝!44kg以上の体重差をスピード勝負で凌駕

・【BD】ジョリー、“戦慄の飛びヒザ蹴り”でYUSHIに失神KO勝利!RIZIN参戦へ朝倉未来がサポート

・”元ヘビー級王者”ワイルダーが衝撃KO負け!中国チャンの強打に一回転し大の字に!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧