TOP > 試合結果 一覧

カネロに勝ったビボルが豪快KO勝利、迫力の連打で相手をストップ

フォロー 友だち追加
2024/06/03(月)UP

ビボルが6年ぶりのKO勝利 (C)DAZN =画像は22年

 1日(日本時間2日)サウジアラビア・リヤドで行われた[WBA世界ライトヘビー級スーパー王座タイトルマッチ]では、王者ドミトリー・ビボル(ロシア=33)が、無敗の挑戦者マリク・ジナード(30=リビア)に6R TKO勝利。
 ビボルの嵐のような連打に相手はなすすべなくレフリーがストップ。これでビボルは14度目のWBAスーパー王座を防衛した。

【動画】ビボルがKO勝利!相手はなすすべ無くストップ、挑発シーンも

 ビボルは16年にWBA王座を獲得し、実に14度の防衛を続けるスーパー王者。22年5月にはサウル“カネロ”アルバレスに判定勝利した。

 今回は、同級3団体統一王者アルツール・ベテルビエフとの念願の対決だったが、ベテルビエフのケガのため、7位で22戦(16KO)無敗のジナードとの対戦となった。
 ジナードは4月24日に試合したばかり、大抜擢で5週間後のタイトルマッチに臨んだ。

 試合は1Rからビボルが左フックでダウンを奪取。しかしジナードもジャブで猛反撃、4R終了時に額を押し当てては挑発、さらに5Rには右もヒットさせる。

 しかし6R、ビボルがキレのある左からの右をクリーンヒットさせ、ジナードの動きを止める。そのまま怒涛の連打でロープに詰めると、ジナードはガードすらもままならない状態に。2分6秒、レフリーが試合を止めた。

 試合後、サウジアラビアの娯楽庁長官トゥルキ・アラルシク氏は、ベテルビエフとの仕切り直しの統一戦を行うと宣言。10月12日に予定されていると語った。

 ビボルは試合後「自分の力が常に側にあると信じていた、疑いなく」と淡々とした自信で語った。待望のベテルビエフとの統一戦はどのような試合になるのか。

▶次のページ:【動画】ビボルがKO勝利!相手はなすすべ無くストップ、挑発シーンも

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【動画】ビボルがKO勝利!相手はなすすべ無くストップ、挑発シーンも

・”元ヘビー級王者”ワイルダーが衝撃KO負け!中国チャンの強打に一回転し大の字に!

・那須川天心の相手、世界4位ロドリゲスの強さとは?元世界王者をKOした右の強打が危険=動画あり

・【フォト】天心戦“小顔ショート”ラウンドガール「目が離せませんでした」

・【テレビ・配信】6.16 デービスvsマーティン、ベナビデスvsグボジークのWタイトル戦=生中継・放送・配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧