TOP > 試合結果個別

【JFKO】女子軽重量級決勝戦 荒木千咲vs小松せえは

2016/05/22(日)UP

荒木(左)は突きの打ち合いの中で、下段回し蹴りやヒザ蹴りを出す

▼女子軽重量級決勝戦
○荒木千咲(志輝会館)
判定4-0
●小松せえは(極真会館浜井派)

 この階級を2連覇していた木村敬代が重量級に階級を上げたため、誰が優勝しても初優勝。

 決勝へ上がって来たのは昨年準優勝の荒木と昨年3位の小松。両者は昨年の準決勝で対戦し、荒木が勝利している。

 気合いを発しながら打ち合う両者。荒木は突きにヒザ蹴り、下段回し蹴りを織り交ぜ、小松は突き中心の攻め。回転力とパワーで勝る荒木が本戦で決着をつけた。

 荒木は「今回は出し切ると決めていたので、全部出せてよかった。先生や家族の支えがあってここまで来れたので本当に良かった」と優勝に涙した。

 そして「世界に挑戦して世界チャンピオンになるのが夢なので、また明日から頑張ります」と、次は世界王者を目指すと語った。

・各決勝戦の結果はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る


TOP > 試合結果個別