TOP > 試合結果個別

【RISE】宮崎が判定勝利、RIZIN出場へ駒を進める

2018/06/17(日)UP

ハイキックで攻める宮崎

RISEクリエーション
「RISE 125」
2018年6月17日(日)千葉・幕張メッセ・イベントホール

4試合 Road to RIZIN KICK Tournament一回戦第1試合33R延長1R 
〇宮崎就斗(24=TARGET/RISEフェザー級5位) 
判定3-0 ※30-25(三者とも) 
藤田大和(25=リバーサルジム新宿Me,We 

 那須川と堀口恭司の参戦が決まっている『RIZINキックWORLD GP 2018(仮称)』の出場権をかけて行われるRoad to RIZIN KICK Tournament一回戦で、宮崎と藤田が激突する。宮崎はMOMOTARO、森本狂犬義久と激闘を繰り広げてきたが、ここでチャンスを掴みたいところだ。藤田は、RIZINで那須川と対戦した経験があり、得意のパンチを武器に、再び那須川と拳を交えたいことだろう。 

 1R、ローキックで足を攻める宮崎。藤田が接近してパンチを打ってくるとヒザ蹴りで迎え撃つ。藤田も蹴りを返すが、空振りに。藤田が前へ出てパンチを打つと見せかけてハイキック。宮崎もハイキックを返す。奥足へのローキックとヒザ蹴りで、宮崎がやや優位に立った。 

 2R、ミドル、ローキックで攻める宮崎。藤田の右フックは空振りに終わる。ヒザ蹴りから左ストレート、蹴りと見せかけて左ストレートと揺さぶる宮崎。藤田は、投げてしまい注意を受ける。奥足へのローキックが効果を出し始める。藤田が左ローキックでダウン。立ち上がった藤田に、宮崎がローキックを放ったところでラウンド終了。 

 3R、宮崎はハイキックでKOを狙う。すかさず宮崎はローキック、ヒザ蹴りで怒涛の攻撃。クリンチが目立ち、警告を受ける藤田。藤田の左フックが当たるが、耐えた宮崎。再び左ローキックで藤田がダウン。ハイキック、ローキックで攻める宮崎。ここで試合終了。判定3-0で宮崎が勝利を収め、決勝進出を決めた。 

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・RIZIN出場権を懸けて戦う4選手「チャンスつかむ」

・RIZIN立ち技最強GPの出場権を懸け、ワンデイトーナメントの組み合わせが決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別