TOP > 試合結果個別

【K-1】西京春馬が武林風王者の朝久に判定で競り勝つ

2018/06/17(日)UP

西京(左)が延長にわたる接戦を制した

▼第5試合 K-1 WORLD GP第2代フェザー級王座決定トーナメント1回戦第4試合 3分3R延長1R

○西京春馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第3代Krush -58kg王者)
判定2-1 ※29-28西京 29-28朝久 30-29西京
●朝久裕貴(朝久道場/武林風WLF -60kg級王者)

 優勝本命と目され、卓越したスピードを持つKrush -58kg王者・西京に対するは、空手をバックボーンに持ち、中国の団体・武林風のトーナメントを制した朝久。 

パンチで攻める西京(左)

 1R、互いに距離を保ちパンチを飛ばす中、西京のパンチが朝久の顔面にヒットする。朝久も前に出るが西京はステップで上手くかわして逆にパンチを打ちこむ。

 2R、朝久はロー、飛び込んで連打。西京は冷静に見てパンチを入れていく。朝久はリング中央を陣取って積極的に前へ出ていく。前蹴りで距離を取りハイキックを狙う朝久。西京はその打ち終わりにパンチをまとめる。

 3R、朝久は構えをスイッチしながら前に出る、朝久がハイを出せば西京はハイも返す。朝久は顔面前蹴りやハイキックからパンチを打ちこむと、西京もパンチを返し、互いに攻勢のまま試合終了。判定は2-1で西京に。接戦をものにして西京が準決勝へと駒を進めた。

・全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【K-1】全試合結果=2018年6月17日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別