TOP > 試合結果個別

【RISE】初参戦のHIROYAが高谷からダウン奪いKO勝利

2018/06/17(日)UP

HIROYA(右)が高谷(左)にKO勝利

RISEクリエーション
「RISE 125」
2018年6月17日(日)千葉・幕張メッセ・イベントホール

9試合 −67kg契約 33R
HIROYA(26=TRY HARD GYM/初代Krush -65kg級王者) 
KO 3R 059秒 右フック
髙谷裕之(41=FIGHT FARM/2DREAMフェザー級王者) 

 初代Krush -65kg級王者HIROYAは昨年4月、K-1での大和哲也戦以来の試合となる。MMAファイターとは、2015年末の『RIZIN』で西浦ウィッキー聡生と対戦しており、その時は右フックでKO勝ちを収めている。高谷は昨年10月のパンクラスで、約14年ぶりに対戦した元SRC(戦極)フェザー級王者・日沖発を右フック一発で失神させてのKO勝ちを収め、昨年末にはRIZIN朝青龍からの刺客バータル・アズジャブハランに判定勝ちし、現在2連勝中。キックルールは、約14年ぶりの挑戦となるが、KO必至の対決になりそうだ。 

 1R、蹴り合いからスタート。高谷はローキック。HIROYAはハイキックでけん制。右、左、右とストレートを放っていくHIROYAHIROYAのローキックに高谷がフックを合わせるが、これはディフェンスされる。高谷は左ボディとローキック。HIROYAは右フックを合わせる。緊張の糸が張り詰める中、ラウンド終了。 

 2RHIROYAがフックをかぶせる。パンチの打ち合いかバッティングか高谷の左目が腫れてしまい、ドクターチェック。しかし、再開。HIROYAは右ハイキック、右ボディストレート。左右のパンチ放ち、右ローキックをズドン。HIROYAが左アッパーで追い込む。左フック、右フックから左ハイキックとHIROYAの攻撃が目立った。 

 3R、互いにパンチを打ち合う。右フックで高谷がダウン。立ち上がった高谷に、HIROYAが右フックを合わせてダウンを奪い、レフェリーが試合を止めた。 

 マイクを握ったHIROYAは、「みなさんご存知かと思いますが、僕のジムが諸事情がありまして再スタートとなっています。これからもがんばって行きますので、応援よろしくお願いします」と挨拶した。 

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・HIROYA、新舞台で”喧嘩番長”高谷裕之の「心を折る」

・高谷裕之がHIROYAへ「お互いにKO狙いで思いっきり戦おう」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別