TOP > 試合結果個別

【K-1】決勝戦はまさかの結末、村越優汰が第2代王座に就き武尊に挑戦状

2018/06/18(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

蹴り合いの中、西京(左)が足をひねるアクシデントで試合続行不可能に。村越(右)が栄冠を勝ち取った

K-1実行委員会
「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~」
2018年6月17日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ

▼第15試合 K-1 WORLD GP第2代フェザー級王座決定トーナメント決勝戦 3分3R延長1R
○村越優汰(湘南格闘クラブ/第5代RISEバンタム級王者)
TKO 1R 51秒 ※ドクターストップ
●西京春馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第3代Krush -58kg王者)
※村越がトーナメント優勝、第2代王座に就く。

足をひねって立ち上がることが出来ない西京

 武尊(26=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が返上したK-1 WORLD GPフェザー級王座を争う「第2代フェザー級王座決定トーナメント」の決勝戦。

 1回戦、準決勝とも延長戦にまでもつれ込み、実に8Rを戦い抜いて決勝へと辿り着いた村越に対し、西京も2戦とも判定で6Rを戦って決勝のリングに上がる。両者は今年3月、Krushのリングで対戦しており、延長にもつれ込む激戦の末、西京に判定2-1で軍配が上がっている。

 1R、互いに蹴りを出す中、西京が蹴り足を戻す際に足をひねり、もつれるようにして倒れ込む。すぐに立つが西京は再び足を引きずるようにして倒れてしまう。ドクターのチェックが入ると、すぐにレフェリーが試合終了を宣言。ドクターストップというまさかの結末で、村越がリベンジに成功。勝利の村越は男泣きで第2代フェザー級王座のベルトを腰に巻いた。

 試合後、マイクを握った村越は初代フェザー級の王者で、現在はスーパーフェザー級のベルトを巻く武尊との対戦をアピールした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・村越優汰「決勝で西京選手にリベンジして優勝する」

・武尊がトーナメント予想でまさかの発言「優勝候補は小澤君かな」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別