TOP > 試合結果個別

【K-1】武居由樹が鮮やかKOで4連続KO勝ち、13連勝

2018/09/24(月)UP

武居(右)の右アッパー

K-1実行委員会
「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」

2018年9月24日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ

▼第12試合 スーパーファイト K-1スーパー・バンタム級 3分3R延長1R
〇武居由樹(POWER OF DREAM/第2代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者)
KO 1R 1分42秒 ※左ストレート
●アクラム・ハミディ(フランス/Team Valente/WMF欧州スーパー・バンタム級王者)

 武居は12連勝、現在3連続KO勝ちと波に乗る。今回、対戦相手に迎えたハミディは武居よりも年下だが24勝(13KO)2敗1分の戦績を持ち(武居は15勝11KO2敗)、WMF(世界ムエタイ連盟)欧州スーパー・バンタム級王者。フランスだけでなくタイでも試合を行っており、ムエタイの強豪選手からも勝利を奪っているという。

 1R、サウスポーの武居は左ミドルと左三日月蹴りを織り交ぜる。ハミディも右ミドルから右ストレート、前蹴りでは武居を転倒させる。前へ出るハミディだが、武居は回り込んで攻撃をかわしていく。

 ハミディが突進してくるところへ、武居が右アッパーからの左ストレートでダウンを奪うとハミディはもう立ち上がることが出来ず、武居が鮮やかなKO勝ちを飾った。

 武居はマイクを持って「足立区から来た武居です」といつものあいさつをすると、「やっぱりK-1が僕は一番だと思っています、僕がK-1を盛り上げていけるようにどんどん頑張っていきます」と宣言した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・武尊よりも目立ちたい武居由樹「面白い試合じゃなく、一方的に倒して勝つ」

・武尊と武居由樹がメインに名乗り、2度目のビッグマッチ開催決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別