TOP > 試合結果

【K-1】全試合結果=2018年9月24日

2018/09/24(月)UP

K-1実行委員会
「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」

2018年9月24日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ

第14試合 K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント決勝戦 3分3R延長1R
シナ・カリミアン
(イラン/WSRフェアテックス・イラン/WKNアマチュア世界ヘビー級王者)
判定2-0
※29-28、28-28、29-28
ブバッカ・エル・バクーリ
(モロッコ)
▼第13試合 スーパーファイト K-1スーパー・フェザー級 3分3R延長1R
武尊
(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第4代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・初代K-1 WORLD GPフェザー級王者・初代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者)
KO 1R 2分10秒
※右フック
ダニエル・ピュータス
(スペイン/Ultimatum Fight School/2018 ISKA 世界-65kg王者)
第12試合 スーパーファイト K-1スーパー・バンタム級 3分3R延長1R
武居由樹
(POWER OF DREAM/第2代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者)
KO 1R 1分42秒
※左ストレート
アクラム・ハミディ
(フランス/Team Valente/WMF欧州スーパー・バンタム級王者)
▼第11試合 スーパーファイト K-1スーパー・フェザー級 3分3R延長1R
皇治
(TEAM ONE/K-1 WORLD GP第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント第3位)
延長R 判定2-1
※10-9、9-10、10-9
スタウロス・エグザコスティディス
(ギリシャ/Nasos/Mejiro Gym/WKBC世界スーパー・フェザー級王者)
第10試合 K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
杉本 仁
(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ/RISING ROOKIES CUP 2013ヘビー級優勝)
 KO 2R 1分40秒
※右ストレート
ブバッカ・エル・バクーリ
(モロッコ)
第9試合 K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
シナ・カリミアン
(イラン/WSRフェアテックス・イラン/WKNアマチュア世界ヘビー級王者)
判定3-0
※30-27、30-28、30-27
K-Jee(K-1ジムFUKUOKA)
▼第8試合 スーパーファイト K-1フェザー級 3分3R延長1R
小澤海斗
(K-1 GYM EBISU FREE HAWK/K-1 WORLD GP初代フェザー級王座決定トーナメント準優勝)
判定3-0
※三者とも30-27
芦澤竜誠
(K-1ジム総本部チームペガサス/K-1 WORLD GP第2代フェザー級王座決定トーナメント第3位)
第7試合 スーパーファイト K-1ライト級 3分3R延長1R
安保瑠輝也
(team ALL-WIN)
KO 3R 44秒
※左ストレート
林 健太
(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第3代Bigbangスーパー・ライト級王者)
第6試合 スーパーファイト K-1スーパー・フェザー級 3分3R延長1R
郷州征宜
(K-1ジム総本部チームペガサス/K-1 WORLD GP第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント・第3位)
判定3-0
※三者とも30-28
スアレック・ルークカムイ
(タイ/STURGIS新宿ジム/第4代 REBELS-MUAYTHAI スーパー・ライト級王者)
第5試合 K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント一回戦 3分3R延長1R
上原 誠
(士魂村上塾/K-1 WORLD GP初代ヘビー級王座決定トーナメント第3位)
KO 1R 1分05秒
※右ストレート
ブバッカ・エル・バクーリ
(モロッコ)
第4試合 K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント一回戦 3分3R延長1R
杉本 仁
(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ/RISING ROOKIES CUP 2013ヘビー級優勝)
判定
※30-29、29-28、30-28
アンドレ・グロース
(イギリス/Firewalker Gym/ISKAイギリス・クルーザー王者)
第3試合 K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント一回戦 3分3R延長1R
K-Jee
(K-1ジムFUKUOKA)
KO 1R 2分37秒
※パンチ連打
ブライアン・ミクグラス
(アメリカ/上州松井ジム/WPMF日本ライトヘビー級王者)
第2試合 K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント一回戦 3分3R延長1R
OD・KEN
(ReBORN経堂)
KO 延長R 39秒
※右ヒザ蹴り
シナ・カリミアン
(イラン/WSRフェアテックス・イラン/WKNアマチュア世界ヘビー級王者)
第1試合 K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメントリザーブファイト 3分3R延長1R
RUI
(K-1ジム蒲田チームキングス/RISING ROOKIES CUP 2014ミドル級優勝)
KO 3R 2分49秒
※左ヒザ蹴り
古田太一
(ポルティファミリアジム)
ガスワン Presents K-1甲子園2018 -65kg トーナメント決勝 2分3R延長1R
近藤魁成
(大阪/西成高校2年)
判定3-0
※三者とも30-27
※近藤が優勝。
大庭龍華
(東京/練馬工業高校1年)
ガスワン Presents K-1甲子園2018 -60kg トーナメント決勝 2分3R延長1R
山浦力也
(長野/佐久平総合技術高校3年)
 判定3-0
※30-28、30-28、30-27
※山浦が優勝。
清水隆誠
(大阪/美原高校3年)
ガスワン Presents K-1甲子園2018 -55kg トーナメント決勝 2分3R延長1R
笠見瑠伊
(茨城/鹿島学園高校2年)
KO 3R 33秒
※飛びヒザ蹴り
※多久田が優勝。
多久田和馬
(神奈川/彦根高校1年)
プレリミナリーファイト K-1ライト級 3分3R
東本央貴
(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/Krush YOUTH GP 2012 -63kg級準優勝)
判定2-0
※28-28、29-28、30-27
瓦田脩二
(K-1ジム総本部チームペガサス/第4回K-1アマチュア全日本大会 チャレンジAクラス -65kg優勝)
プレリミナリーファイト K-1スーパー・バンタム級 3分3R
小倉尚也
(スクランブル渋谷)
 KO 1R 38秒
※右ストレート
リョウタ
(鷹虎ジム)

●編集部オススメ

・武尊が計量クリアー「KOすることしか考えてない」、ピュータスは「勝つのは私だ」

・魔裟斗「重量級で日本人選手がどこまで強さを見せられるか、に注目」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果