TOP > 試合結果個別

【レベルス】丹羽圭介が打ち合い見せて橋本悟から勝利

2018/10/09(火)UP

Def Fellow
「REBELS.58」
2018年10月8日(月・祝)東京・後楽園ホール

橋本(右)との打ち合いにも応じる丹羽(左)

▼第3試合 REBELSルール 63.6kg契約 3分3R延長1R
●橋本 悟(橋本道場/MuayThaiOpenスーパーライト級王者)
判定0-3 ※29-30、28-30、28-30
〇丹羽圭介(TEAM KSK/元RISEライト級1位)

 RISEトップランカーとして活躍、タイトルにも挑戦した丹羽がレベルスに初参戦。これまでの距離を支配した戦い方を変え、KO狙いで行くと試合前に宣言した。対するは倒すか倒されるかの激闘派ファイター橋本。

 1R、丹羽は左ミドル、右前蹴り、右ボディストレートで圧力をかけていく。橋本は様子を見ていたか、中盤に丹羽の右ストレートをもらうと一気に火がつき、左右フックで突進。丹羽にパンチを浴びせていく。

 2R、丹羽が右フックをヒットさせると橋本は左右連打で突進。丹羽は左フック、橋本は右ストレートと当て合う。ジャブで照準を合わせての右を命中させる丹羽だが、橋本も負けじと右ストレートを返して左右フックで突進する。

 3R、ミドル&ローを蹴る丹羽の右ストレートをもらっても何も無かったように突進してパンチを連打していく橋本。丹羽も打ち返しての打ち合いが見られる。丹羽は打ち合いの中でも蹴りを放っていき、KOは逃したものの判定勝ちで勝利を飾った。

●編集部オススメ

・美女と女子高生を地上波生中継でのデビュー戦へ向けて育成

・UFCファイトパスで梅野源治の試合を全世界に配信

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別