TOP > 試合結果個別

【RISE】期待の空手女王・平岡琴、新天地2戦目でタフな相手に勝利

2018/11/17(土)UP

空手仕込みの足技を得意とする平岡(左)が勝利

RISEクリエーション
「RISE 129」
2018年11月17日(土)東京・両国国技館

▼第1試合 -47kg契約 3分3R
○平岡 琴(28=TRY HARD GYM)
判定3-0 ※30-28、30-28、29-28
●樋田智子(34=リアルディール)

 平岡は極真会館(松井章奎館長)『第31回全日本女子ウェイト制空手道選手権大会』(2014年)で軽量級優勝の実績を持ち、キックボクシングのプロキャリアは2015年9月にKrushでスタートさせた。空手仕込みの足技を得意としており、今年9月のRISEデビュー戦でも後ろ蹴りを決めて2RKO勝利。伊藤隆RISE代表も今後に期待をかける女子選手だ。

 対する樋田はRISEのアマチュア大会『KAMINARIMON』で経験を積んだ選手。今年5月に迎えたプロデビュー戦、続く10月の2戦目を勝利で飾り、現在RISEの本大会で2連勝中だ。

 1R、平岡は右ローを多用しながら、右ハイ、左インロー、左ミドルを積極的に飛ばす。平岡は得意の蹴りに織り交ぜるワンツーも強烈。樋田もワンツーを返しながら前に出るものの、平岡にヒットを許して鼻から出血する。

 2R、巻き返したい樋田は間合いをガンガン詰めてパンチ連打。平岡はたびたび体が仰け反る。平岡のバックハンドブローと後ろ蹴りをもらっても前進を止めない樋田。終盤には平岡が右ローと右オーバーハンドのコンボをたびたびクリーンヒットさせた。

 3R、平岡が左右フックからの右ロー、左フックからすかさず左ローに繋げるコンビネーションなどを決めていく。樋田も至近距離から右フックの連打を叩き、そこからクリンチに持ち込んでのヒザ蹴りなどで、最後まで譲らず応戦し続けた。

 両者死力を尽くした熱戦は判定に持ち込まれ、コンビネーションで有効打を重ねた平岡が勝利。樋田もプロ3戦目ながらタフさを発揮して健闘を見せた。

●全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・美女空手女王・平岡琴 新天地で2戦目の発進

・平岡がRISE1戦目で衝撃の後ろ蹴りKO勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別