TOP > 試合結果個別

【RISE】那須川天心が初回KO、メイウェザー戦へ必勝宣言

2018/11/17(土)UP

那須川(右)がパンチを連打し1RKO勝利

RISEクリエーション
「RISE 129」

2018年11月17日(土)東京・両国国技館

13試合 メインイベント RISE World Series -57kg契約 33R延長1R
○那須川天心(20TARGETCygames/RISE世界フェザー級王者)
KO 1R 159
●内藤大樹(22=ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級王者、RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017優勝)

 那須川は今年6月にムエタイの一流選手ロッタン・ジットムアンノンとRISE世界フェザー級王座決定戦を争い、過去にないほどの苦戦を強いられながらも延長戦の末、勝利と王者の栄冠を掴んだ。さらに戴冠1戦目となった9月のRIZINでは、総合格闘家として世界トップクラスの実力を誇る堀口恭司を相手に、世紀の一戦とも呼ばれたキックマッチを戦い、ここでも白熱の攻防を展開して勝利。20147月のプロデビューから続くキックの連勝記録を「27」にまで伸ばしている。

 その那須川の連勝ストップを今回狙うことになったのが、シュートボクシング(以下SB)の軽量級エースである内藤だ。1411月にSB日本スーパーバンタム級王座を獲得した実績を持ち、昨年11月には「RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017」に出場し、各団体のトップ選手を破って優勝を果たした。那須川には158月の「BLADE FC JAPAN CUP 2015 -55kgトーナメント」決勝戦でKO負けしており、今回は3年越しの雪辱戦となる。

 1R、内藤が右ミドルを蹴ると、那須川はぐっと踏み込んでワンツー、さらに左ローから左ボディと右フックのコンボ。

 速攻で勝負を決めにきたか、那須川はスピードのあるパンチのコンビネーションで畳み掛け、内藤の体がロープで跳ね返ったところに左ストレートを合わせて先制のダウンを奪う。

 なんとか立ち上がった内藤に対し、那須川はすぐさまパンチをまとめて左ストレートで2度目のダウンを追加。最後は那須川が左ストレートからのヒザ蹴り、続くパンチのラッシュで内藤をサンドバッグ状態に追い込み、レフェリーストップを呼び込んだ。

 圧巻のKO劇で内藤を返り討ちした那須川は、マイクを握ると「今、内藤選手に『3年間ありがとう』と言われて・・・」と内藤がこの試合に懸けた気持ちを慮り感極まる。そして、声を振り絞るように「僕を追い続けてくれた内藤選手、ありがとうございました」と続けた。

 さらに「皆さん知っていると思いますが、年末、メイウェザー選手と戦います。絶対に倒すために、明日からまた練習を頑張ります。絶対に倒します」と話し、年末の『RIZIN.14』で予定されているプロボクシング世界5階級制覇フロイド・メイウェザー・Jr41=アメリカ)とのビッグマッチに向けて必勝宣言。

 また、6月のRISE世界フェザー級王座決定戦で大苦戦を強いられたロッタン・ジットムアンノン(21=タイ)に対しても、「ロッタン選手、来年もう一度やりましょう」と再戦を約束した。

●全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【RIZIN】メイウェザーvs那須川天心はボクシングスタイルの真剣勝負「スペシャル スタンディング バウト」

・那須川天心「1Rから攻めていく」、内藤大樹「明日勝って燃え尽きる」=計量

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別