TOP > 試合結果個別

【シュートボクシング】海人がヒジで健太を返り討ち、決勝戦へ進出

2018/11/18(日)UP

パンチで猛攻する海人(右)

シュートボクシング協会
「SHOOT BOXING S-cup 65kg 世界 TOURNAMENT 2018」
2018年11月18日(日)東京・両国国技館

▼第7試合 S-cup65kg世界トーナメント準決勝 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長1R ※ヒジあり
〇海人(21=日本代表/TEAM F.O.D/SB日本スーパーライト級王者)
TKO 3R 42秒 ※ヒジによるカット→レフェリーストップ
●健太(29=日本/E.S.G./WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者)
※海人が決勝戦へ進出。

 1回戦で韓国人キックボクサーにKO勝ちした海人と、オーストラリア人MMA(総合格闘技)ファイターに判定勝ちした健太が準決勝で対戦。両者は昨年11月に行われたSB日本スーパーライト級王座決定トーナメント決勝戦でも対戦しており、この時は海人が判定2-0の僅差で勝利している。

 1R、前に出てヒジを当てに行く海人が、右ストレートから飛びヒザ蹴り。健太はジャブと前蹴りで距離を取り、右フックを放つ。

 2R、右を中心に細かくパンチを当てていく健太。出入りを繰り返し、海人が前へ出てくるとヒジを打つ。海人はなかなか近付けない時間が続いた。

 3R、海人が健太をコーナーに詰めてパンチ、ヒジ、ヒザの猛攻。健太はこれでカットされて流血し、ドクターチェックを受ける。ドクターからストップがかかり、海人がTKOで健太を返り討ち。決勝戦へ進出した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・海人が初回KO勝ちで1回戦を突破

・健太が豪州の総合格闘家を下して準決勝へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別