TOP > 試合結果個別

【シュートボクシング】MOMOTAROが距離を支配し、ホープの笠原弘希を翻弄

2018/11/18(日)UP

キックで距離を取るMOMOTARO(左)

シュートボクシング協会
「SHOOT BOXING S-cup 65kg 世界 TOURNAMENT 2018」
2018年11月18日(日)東京・両国国技館

▼第9試合 58.0kg契約 SBエキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R ※ヒジあり
●笠原弘希(シーザージム/SB日本フェザー級王者)
判定0-3 ※三者とも29-30
〇MOMOTARO(OGUNI-GYM/前WBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級王者)

 9月にSB日本フェザー級王者になったばかりの笠原が、老舗キックボクシング団体『NJKF』のエースであるMOMOTAROを迎え撃つ。これが19戦目の笠原に対し、MOMOTAROは37戦目とほぼ倍の戦績を持ち、これまで3本のメジャータイトルを手にしている。笠原の大物食いなるか。

 1R、MOMOTAROは左右ハイキックで先制すると、ミドル&前蹴りで距離を取る。軽快なステップも踏むMOMOTAROはジャブ、いきなり飛び込んでの右ストレート、バックハンドブローを繰り出して完全に距離を支配。強い打撃はないが、笠原を翻弄した形となった。

 2RもMOMOTAROがジャブ、回転技、前蹴りで距離を支配。笠原はなかなか自分の攻撃を出せる距離に入れない展開が続く。

 3R、MOMOTAROの左ミドルに右ストレートを返した笠原。前に出てもMOMOTAROが右フックを打って回り込み、首相撲にも持ち込まれて崩される。ヒジの打ち合いもあるが両者決定打にはならず。MOMOTAROが顔面前蹴りと飛びヒザ蹴りで場内を沸かせ、笠原は逆転を狙って左右フックを振り回したがMOMOTAROは涼しい顔でかわして試合を終え、判定勝ちした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【NJKF】MOMOTAROが他団体王者を破り連敗脱出

・笠原がSB日本フェザー級王者になった9月の試合

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別