TOP > 試合結果個別

【K-1】篠原悠人がゴンナパーを秒殺KOする大番狂わせ

2018/12/08(土)UP

優勝候補本命と目されていたゴンナパー(左)からダウンを奪った篠原

K-1実行委員会
「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」

2018年12月8日(土)  エディオンアリーナ大阪(第1競技場)

▼第3試合 K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント1回戦第2試合 3分3R延長1R
〇篠原悠人(20=DURGA/第6代Krushスーパー・ライト級王者)
KO 1R 25秒 ※2ノックダウン
●ゴンナパー・ウィラサクレック(25=タイ/第5代Krushライト級王者)
※篠原が準決勝へ進出。

 篠原は今年8月のKrushスーパー・ライト級タイトルマッチで中澤純に勝利し戴冠。その後階級を下げ、初めてのライト級戦となる。現在6連勝中。対するゴンナパーは優勝候補本命と目されているムエタイ戦士。

 1Rが始まった直後、ゴンナパーが放った左ミドルに篠原が左フックを合わせてダウンを奪う。焦って大振りで打ち合いにきたゴンナパーに再び篠原の左フックが直撃。トーナメントルールの2ノックダウン制により、篠原が大番狂わせのKO勝ちを飾った。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・ライト級トーナメント全選手の意気込み、篠原悠人はゴンナパーを「絶対KOする」

・トーナメント出場の篠原悠人、ゴンナパーに「勝つ自信がある」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別