TOP > 試合結果

【K-1】全試合結果=2018年12月8日

2018/12/08(土)UP

K-1実行委員会
「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」

2018年12月8日(土)  エディオンアリーナ大阪(第1競技場)

第14試合 K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチ 3分3R延長1R
武尊
(27=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/王者)
 〇  判定3-0
※三者とも30-25
 ● 皇治
(29=TEAM ONE/挑戦者)
第13試合 K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント決勝戦 3分3R延長1R
林 健太
(24=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第3代Bigbangスーパー・ライト級王者)
TKO 3R 1分52秒
※右フック
●  大沢文也
(27=TANG TANG FIGHT CLUB)
第12試合 スーパーファイト スーパー・バンタム級 3分3R延長1R
武居由樹
(22=POWER OF DREAM/K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者)
判定3-0
※三者とも10-9
ヨーブアデーン・フェアテックス
(23=タイ/元ラジャダムナンスタジアム認定ミニフライ級王者)
第11試合 スーパーファイト ウェルター級 3分3R延長1R
野杁正明
(25=K-1 GYM EBISU FREE HAWK/第2代K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者)
TKO 1R 1分57秒
※右フック
松岡 力
(25=K-1ジム五反田チームキングス)
第10試合 スーパーファイト スーパー・ライト級 3分3R延長1R
山崎秀晃
(31=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/K-1 WORLD GP 2016 -65kg日本代表決定トーナメント優勝)
TKO 延長R 14秒
※左ハイキック
安保瑠輝也
(23=team ALL-WIN)
第9試合 K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント準決勝第2試合 3分3R延長1R
恭士郎
(31=士魂村上塾/WMAF世界スーパー・ライト級王者)
TKO 2R 2分00秒 大沢文也
(27=TANG TANG FIGHT CLUB)
第8試合 K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント準決勝第1試合 3分3R延長1R
林 健太
(24=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第3代Bigbangスーパー・ライト級王者)
KO 1R 2分31秒
※2ノックダウン
篠原悠人
(20=DURGA/第6代Krushスーパー・ライト級王者)
第7試合 スーパーファイト スーパー・フェザー級 3分3R延長1R
安保璃紅
(21=team ALL-WIN/第5代Krushスーパー・フェザー級王者)
判定0-3
※26-30、26-30、28-30
朝久泰央
(20=朝久道場)
第6試合 スーパーファイト K-1スーパー・バンタム級 3分3R延長1R
玖村修平
(K-1ジム五反田チームキングス/元NJKFバンタム級王者)
無効試合 1R
※偶発的なバッティングのため
林 勇汰
(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
第5試合 K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント1回戦第4試合 3分3R延長1R
大沢文也
(27=TANG TANG FIGHT CLUB)
 判定2-0
※30-29、29-29、30-29
リュウ・ウェイ
(27=中国/2015年英雄伝説 -64kg級アジア王者)
第4試合 K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント1回戦第3試合 3分3R延長1R
恭士郎
(31=士魂村上塾/WMAF世界スーパー・ライト級王者)
KO 3R 2分14秒
※2ノックダウン
インディゴ・ボイド
(25=オーストラリア)
第3試合 K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント1回戦第2試合 3分3R延長1R
篠原悠人
(20=DURGA/第6代Krushスーパー・ライト級王者)
KO 1R 25秒
※2ノックダウン
ゴンナパー・ウィラサクレック
(25=タイ/第5代Krushライト級王者)
第2試合 K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント1回戦第1試合 3分3R延長1R
林 健太
(24=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第3代Bigbangスーパー・ライト級王者)
判定2-1
※28-29、30-28、30-29
ニコラス・ギャフィー
(22=スペイン)
第1試合 K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・リザーブファイト 3分3R延長1R
東本央貴
(26=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
判定0-3
※三者とも9-10
川崎真一朗
(26=月心会ラスカルジム)
プレリミナリーファイト第3試合 フェザー級 3分3R
倉崎昌史
(GET OVER)
判定0-3
※27-30、28-30、27-30
TETSU
(月心会チーム侍)
プレリミナリーファイト第2試合 ライト級 3分3R
SEIYA
(MAD MAX GYM)
 〇 判定3-0
※30-29、30-28、30-27
鈴木孝司
(K-1ジム蒲田チームキングス)
プレリミナリーファイト第1試合 スーパー・バンタム級 3分3R
蒼士
(昇龍會)
ドロー 判定1-1
※29-30、29-29、30-29
黒田勇斗
(隆拳塾)

●編集部オススメ

・武尊が皇治の挑発を徹底無視「明日爆発させる」=計量

・ライト級トーナメント全選手の意気込み、篠原悠人はゴンナパーを「絶対KOする」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果