TOP > 試合結果個別

【K-1】野杁正明が切れ味鋭いパンチで圧巻の初回TKO勝ち

2018/12/08(土)UP

野杁が圧勝を遂げた

K-1実行委員会
「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」

2018年12月8日(土)  エディオンアリーナ大阪(第1競技場)

▼第11試合 スーパーファイト ウェルター級 3分3R延長1R
〇野杁正明(25=K-1 GYM EBISU FREE HAWK/第2代K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者)
TKO 1R 1分57秒 ※右フック
●松岡 力(25=K-1ジム五反田チームキングス)

 野杁は“新時代の怪物”と呼ばれるK-1トップファイター。国内外の強豪を次々と撃破し、日本人として初めてゲーオ・ウィラサクレックに勝利して第2代K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者に輝いた。減量苦もあり8月に王座を返上してウェルター級への転向を発表。今回からウェルター級に本格参戦する。

 松岡は新日本キックボクシング協会の日本ウェルター級ランカーとして活躍。次期エース候補とまで言われたスーパーホープ。Krushで2連勝して今回K-1に初参戦。

 1R、両者とも蹴りを多用しての探り合い。野杁は右フックから左ミドルを蹴り、ショートの右フックでダウンを奪う。続いて重いジャブ連打で大きくグラつかせ、右フックでダウンを追加。レフェリーが試合をストップした。

 圧勝を遂げた野杁は「はい、応援ありがとうございました。ウェルター級に入ってきましたが、ウェルター級は凄い盛り上がっていてチャンピオンの久保優太選手、ジョーダン・ピケオー選手、城戸康裕選手がいて凄い盛り上がっていますが、3月(さいたまスーパーアリーナ)誰と見たいですか? チャンピオンより強いと思っているピケオーと。ピケオーを倒せるのは僕しかいないと思うので、ピケオーと決定でよろしくお願いします」と、日本人相手に無敗の快進撃を続けているピケオーとの対戦をアピールした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・野杁正明が圧勝予告、山崎秀晃と安保瑠輝也は舌戦一歩も譲らず

・野杁正明“本物の強さ”目指す、三階級制覇も視野

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別