TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】駿太が村田を下しタフな熱戦を制す

2018/12/09(日)UP

タフな闘いを制した駿太(右)

キックスロード
「KING OF KNOCK OUT 2018」
2018年12月9日(日)東京・両国国技館

▼第5試合 58.5kg契約 3分5R
○駿太(谷山ジム/Bigbangスーパーフェザー級王者)
TKO 5R 1分49秒 ※カット
●村田裕俊(八王子FSG/元NKBフェザー級王者)

 駿太は15年のキャリアを持つベテランで。常に激闘を演じる“名勝負製造機”。村田はNKBでキャリアを積み、昨年の「KNOCK OUT vol.1」では森井洋介と大熱戦の末ドローとなりその名を知らしめた。

 1R、互いにゆったりとした構え。村田はロー、ミドルから組みではヒザを入れていく。駿太は村田の蹴りをしっかりと受けてローを返していく。さらに飛び込んで縦ヒジも狙う。

 2R、前に出るのは駿太、ノーモーションの右ストレートからミドルキック。村田は動き続けて蹴りや、左右のフックを飛ばす。駿太は村田の攻撃の合間を見てヒジ、ストレートを差し込む。

 3R、組みの攻防から村田はヒザ。駿太はヒジを狙う。パンチで攻める駿太に対し村田はミドル。互いに引かない一進一退の攻防が続く。駿太の近距離でのパンチで村田のアゴが跳ね上がる。

 4R、駿太はパンチから距離を潰してヒジを狙う。村田も組みからヒザ。両者組みの攻防が多くなる。離れると村田はロー。お互い手数は減らない。村田は左目じり辺りから出血が見える。

 5Rになっても互いのペースは変わらない。組みではやや駿太が押す場面が増える。村田はトリッキーな胴回し回転蹴りも見せる。ここで村田の左まぶたから出血に対してドクターチェックが入る。すぐにストップとなり試合終了。駿太がTKOでタフな闘いを制した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・Youtuberとなった駿太、試合でも「新しい自分見せる」

・36歳・駿太が止まらない攻撃で16歳下の髙橋聖人を振り切る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別