TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】シュートボクシング王者・海人が“SBキラー”水落を圧倒してTKO

2018/12/09(日)UP

“SBキラー”水落(右)を圧倒したシュートボクシング王者の海人

キックスロード
「KING OF KNOCK OUT 2018」
2018年12月9日(日)東京・両国国技館

▼第7試合 65kg契約 3分5R
●水落洋祐(はまっこムエタイジム/元WPMF世界ライト級暫定王者)
TKO 3R 1分58秒
○海人(TEAM F.O.D/S-cup2018 65kg世界王者)

 投げ技・立ち関節ありのシュートボクシングから参戦の海人は3週間前に行なわれたS-cup65㎏級トーナメントで3連続KO勝利を収めて優勝し、勢いのまま今回の一戦に臨む。対する水落は名勝負製造機と呼ばれ、過去には鈴木博昭、MASAYAなどシュートボクシングの誇るトップ選手をKOしてきた“SBキラー”の異名も持つ。

 1R、海人はジャブからロー。右ストレート。水落もローを返すが攻撃のスピードは海人が大きく上回っている。海人はさらにヒジ、ロープに詰めてのヒザ、これが効いたか水落が下がるとパンチ連打をまとめる。しかし水落もここから立て直しパンチを返す。パンチに縦ヒジを合わせる海人に、水落は飛び込んでパンチ、ローで対抗する。

 2R、ローの海人に水落はパンチで攻める。海人のパンチをもらってもかまわず前に出る水落。ロープに詰めて左右の連打を振るうも海人は冷静に見切ってブロック。逆に海人がロープに詰め、振り下ろすような右ヒジを当てると水落が出血。
 ドクターチェック後再開すると水落はすぐに前へ出る。海斗はそこへヒジ、飛びヒザ。さらに右ストレートを当てるとこれが効き水落が下がる。パンチで詰め、組みついてきた水落を海人が倒すと再び水落にドクターチェックが入る。

 3R、ローの蹴り合いから左右のストレートを振って行く水落に、海斗はヒジを当てる。バッティングで試合が一時中断すると、水落に3度目のドクターチェック。出血量に続行は厳しいかと思われたが試合再開。逆転を懸けてパンチでラッシュをかける水落に海人も打ち合う。海人はさらにヒジを連打し飛びヒザ。これで水落が転んだように見えたが、レフェリーはダウンを宣言。水落はすぐ立つも、出血を見て遂にストップがかかった。シュートボクシングの超新星がSBキラーを圧倒して勝利を挙げた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・S-cup世界王者・海人の相手はSBキラーの水落洋祐

・シュートボクシングのエース海人が待望の初参戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別