TOP > 試合結果個別

【K-1】ゴンナパーKOの篠原悠人が大沢文也との接戦を制す

2019/03/10(日)UP

篠原(右)が打ち合いを制した

K-1実行委員会
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K’FESTA.2~」

2019年3月10日(日) さいたまスーパーアリーナ(メインアリーナ)

▼第4試合 ライト級(62.5kg)3分3R延長1R
●大沢文也(27=TANG TANG FIGHT CLUB/K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント準優勝)
延長R 判定0-3 ※三者とも9-10
○篠原悠人(20=DURGA/第6代Krushスーパー・ライト級王者)
※本戦判定0-0(29-29、29-29、30-30)

 昨年12月の「K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント」に出場している両者。大沢は準優勝の成績を残し、篠原は1回戦で優勝本命のゴンナパーをKOする大番狂わせを起こした。昨年には所属ジムの閉鎖という窮地に立たされた大沢、今回は袂を分かった後輩たちに背中を見せたいと意気込む。共に昨年12月の敗戦からの再起を期す両者が雌雄を決する。

大沢は序盤から前に出て積極的に攻める

 1R、大沢はガードを下げた構えから飛び込んで左フックやワンツーを飛ばす。篠原はワンツーからロー。強打が飛び交い、緊張感のある攻防でラウンドが終了。

 2R、1Rと変わってガードをしっかり上げて前に出る大沢。篠原はワンツーからボディのコンビネーションを見せる。篠原のパンチを受けると大沢はもっと来いとばかりのアクション。ボディへフックを連打する大沢、篠原はストレートを上下に打ち分ける。

 3R、ワンツーの篠原にボディの大沢、篠原は冷静にジャブを突いてからボディへのヒザも見せる。大沢はハイキックを見せるも篠原はその脚を払って転倒させる。決定打がないまま3Rが終了。判定は29-29が2人、30-30が一人で三者ともドロー。延長戦へ。

 延長R、変わらずボディを狙う大沢に篠原もワンツーで応戦。篠原はロープに詰めて連打をまとめるも大沢はガッチリとガード。
 後半から大沢はオーバーハンドのパンチやフックで顔面狙いも混ぜる、対する篠原はボディへのヒザ。互いに前へ出て打ち合いの展開になるもそのままラウンド終了。判定は三者とも篠原を支持。延長の接戦を制して篠原が勝利を手にした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【K-1】篠原悠人がゴンナパーを秒殺KOする大番狂わせ

・【K-1】大沢文也がヒザ蹴りでTKO勝ち、決勝進出

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別