TOP > 試合結果個別

【K-1】魔裟斗も認める完封勝利で村越優汰が卜部弘嵩を下し初防衛成功

2019/03/10(日)UP

村越(左)が盤石の試合で初防衛に成功

K-1実行委員会
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K’FESTA.2~」

2019年3月10日(日) さいたまスーパーアリーナ(メインアリーナ)

▼第11試合 K-1 WORLD GPフェザー級(57.5kg)タイトルマッチ 3分3R延長1R
○村越優汰(24=湘南格闘クラブ/王者)
判定3-0 ※三者とも30-28
●卜部弘嵩(29=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/挑戦者)

 フェザー級のタイトルマッチ、初防衛戦に挑む王者・村越は蹴りを得意とする選手で、相手のボディに足の先端を突き刺す三日月蹴りを必殺技に持つ。対する挑戦者・卜部弘嵩は第二代スーパーフェザー級の王者であり、今回は2階級制覇を狙っての挑戦。村越の初防衛か、卜部の2階級制覇か。

 1R、開始と同時に右のパンチで飛びこんだ卜部。村越はロー、右ミドル、そこに卜部は右ストレートを合わせる。一気に飛び込んでパンチを連打する卜部、村越の蹴りをじっくり見てストレートを狙う。

 2R、飛び込んで連打の卜部を、村越は上手くさばいてミドルを当てる。次第に村越の攻勢が目立つようになり、ミドル、ボディへのヒザをヒットさせる。さらに卜部の入り際に右フックも合わせる。

 3Rになると村越は卜部の攻撃のタイミングをつかんだか、飛び込んでのワンツーの卜部に対しボディへのヒザをカウンターで突き刺す。さらに左のミドル、前蹴りも飛ばしけん制。村越が左右のヒザを入れると卜部の動きが止まり、ローを打つと卜部の足が流れる。もはや村越は卜部の動きを見切ったか、パンチを空振りさせる場面も。完全に村越のペースで試合が終了。判定は3-0、解説の魔裟斗も「完封しましたね」と言うほど、盤石の試合で村越が初防衛を果たした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・初防衛戦の村越優汰、卜部弘嵩に警戒も「圧倒的な差を見せる」

・卜部弘嵩「2階級制覇を達成する」王座獲りへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別