TOP > 試合結果個別

【RISE】梅野源治がダウンを奪い、1回戦を突破

2019/03/10(日)UP
 

梅野がダウンを奪い判定勝利

 
RISEクリエーション
「RISE WORLD SERIES 1st Round」

2019年3月10日(日) 東京・大田区総合体育館
 
▼第9試合 RISE WORLD SERIES 2019 -61kg Tournament(Bブロック)1回戦 3分3R延長1R
〇梅野源治(日本/PHOENIX/元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者)
判定3-0 ※30-28、30-27、30-27
●ル・ジュン(中国/盛力人和/2017年EM LEGEND-65kg王者)
※梅野が準決勝へ進出。
 
 日本ムエタイ界の至宝である梅野は、今回と同じ得意のヒジ打ちと首相撲を封印してのキックボクシングルールには過去3度挑んだことがある。一度目は2012年10月のK-1 GLOBAL主催大会で現RISEライト級王者チャンヒョン・リーにダウンを奪われて判定負け(タイ人以外では唯一の負け)、二度目は2013年1月にRISEでキム・スンヨルにKO勝ち、三度目は同年3月にリーとの再戦で判定勝ちした。約6年ぶりのヒジなしルール挑戦となる。
 
 ジュンは「KNOCK OUTアジアトーナメント」に参戦が決定していたが、無念の欠場。実力急上昇中の中国にあって『EM LEGEND』や『武林風』などの中国キックボクシングイベントで数々のタイトルを獲得している実力者だ。

左ミドルで試合をリードした梅野


1R、ワンツーを狙うジュンに梅野は左ミドルと前蹴りで先手を取る。パンチを打ちに行って左フックをもらう梅野だが、すぐに左ミドルで体勢を整える。梅野が両足を入れ替えてフェイントしての左ミドルをクリーンヒットさせると、場内からはどよめきが起きた。
 
 2R、左ミドルを次々と命中させていく梅野は、ジュンがストレートを伸ばしてくるとブロックして組み付きヒザ蹴りに持ち込む。このパターンで試合を支配し、ラウンド終了直前には突っ込んできたジュンに左フックを合わせ、パンチに巻き込むような形でダウンを奪う。
 
 3Rは下がりながら左ミドルをヒットさせていく梅野。ジュンがワンツーで前へ出るとブロックして組み付く。そしてヒザ蹴り。梅野は余裕を見せて顔を突き出したり、両手を広げたりとジュンを挑発する。ほぼジュンに触らせることなく梅野が試合を終えて判定勝ちした。
 

 梅野はマイクを持つと、「今回のRISE世界トーナメント、僕の中ではルールが違って不安な気持ちもあったんですが、試合が決まってからは強い決意を持ってトレーニングを積んできました。試合は面白くなかったかもしれませんが、人は決意を持てば大きく成長できると思います。準決勝は今日よりも強い気持ちを持って皆さんにいい試合を見せられるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」とアピールした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【レベルス】梅野源治がケンカ殺法でドウリャをKO

・【M-FIGHT】強すぎるゲーオ、日本最後の砦・梅野をも粉砕

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別