TOP > 試合結果個別

【RISE】元K-1王者・大雅、優勝候補セクサンに一歩及ばず

2019/03/10(日)UP

セクサンと互角の戦いを演じた大雅だったが、一歩及ばす

RISEクリエーション
「RISE WORLD SERIES 1st Round」

2019年3月10日(日) 東京・大田区総合体育館
 
▼第10試合 RISE WORLD SERIES 2019 -61kg Tournament(Aブロック)1回戦 3分3R延長1R
●大雅(日本/TRY HARD GYM/元K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者)
判定1-2 ※29-30、29-28、28-30
〇セクサン・オー・クワンムアン(タイ/ソーソムマイジム/ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者、2015年ラジャダムナンスタジアムMVP)
※セクサンが準決勝に進出。
 

 元K-1王者の大雅がRISEに初参戦。今回は自ら優勝候補セクサンを1回戦の相手に指名し、それが実現した。

 そのセクサンはビッグマッチには欠かせない激闘派のスター選手の一人で、2015年9月にはラジャダムナンスタジアムにて、WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者・梅野源治を迎え撃ち、勝利を奪って梅野の進撃をストップした。同年にはラジャダムナンスタジアムの年間MVPにも選ばれている。近代ムエタイのトップ中のトップ選手で“絶対に諦めない男”とのニックネームを持つ。

  1R、大雅が左ストレートをねじ込んでいくと、セクサンも右ストレートを打ち返す。大雅の右ローには右ローと同じ技を返し、終盤にはグッと前に出ての左ストレートをヒットさせ、ジャンプしての蹴りも見せる。
 
 2R、セクサンは強烈な右ミドルから右ストレートで大雅の仰け反らせ、鋭いヒザも突き刺していく。大雅は左ストレートとローを出すが、セクサンはかまわずどんどん前へ出て攻撃を繰り出してくる。ジャンプしての蹴りも出す。アッパーに活路を求める大雅だが、このラウンドはセクサンの攻撃力が優ったか。
 

大雅がハイキックを叩き込む


 3R、大雅は左ストレートと右アッパーで攻めるとセクサンは左ミドルを連発。このラウンドは大雅も前へ出て攻撃し、交互に前へ出る展開。セクサンの左ミドルに大雅は左ストレートで対抗する。前に出る大雅はパンチを繰り出していくが、セクサンの防御にヒットはそれほど奪えなかった。

 判定は2-1と割れ、セクサンが勝利。大雅は判定が告げられると、呆然とその場に立ち尽くした。セクサンはマイクを持つと「今日は日本で試合が出来てとても嬉しいです。日本のムエタイファンの皆さん、どうもありがとうございました」とリング四方へ向かってお辞儀した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【K-1】大雅、卜部弘嵩を返り討ち&王座奪取

・【RIZIN】元K-1王者・大雅が初参戦「天心君、堀口君とやらないと意味がない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別