TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【K-1 KRUSH】ピケオーが神保克哉に勝利もKOならず、会場の久保優太に「すぐにでも戦いたい」とラブコール

2019/06/21(金)UP

ピケオー(左)が神保に強烈なボディをヒット

KRUSH実行委員会
『K-1 KRUSH FIGHT.102』
2019年6月21日(金)東京・後楽園ホール

▼第8試合 ダブルメインイベント第2試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ウェルター級タイトルマッチ 3分3R(延長1R)
○ジョーダン・ピケオー(オランダ/マイクスジム/王者)
判定3-0 ※三者とも30-28
●神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)
※ピケオーが5度目の防衛に成功

 ピケオーは2015年に初来日し、佐藤嘉洋にKO勝利。Krush(現在のK-1KRUSH FIGHT)でもその力を存分に発揮して史上最多の4度の防衛に成功。今年3月の「K’FESTA.2」では“新時代の怪物”野杁正明に終盤競り勝ち、無敗記録を更新した。今回が5度目の防衛戦となる。

 対する神保は8勝(4KO)3敗1分の戦績で、第3代Krushスーパー・ウェルター級王者の実績を持つ中島弘貴からも勝利を収めた。前回は3月の試合では、ハードパンチャーの藤村大輔を判定で下して挑戦者の資格を得た。特攻服で会見に登場することでも知られ、自身は試合を”特攻”と呼んでいる。

 1R、ゆったりと構えで前進するピケオーに神保は右に回りながら左右ローを放つ。鋭いピケオーのワンツーを頭を振り避ける神保はフットワークを使い距離を保つ。パンチをヒットさせた直後は立ち位置を変える神保はピケオーに的を絞らせない。

 2R、細かいパンチをピケオーにヒットさせる神保。フットワークを使い距離を取る神保だが、ボディにヒザを受け離れる際にピケオーのワンツーを浴びアゴが跳ね上がる。長いリーチの長いジャブを警戒する神保に、ピケオーはヒザを使いプレッシャー。徐々にピケオーのパンチが神保の顔面をとらえはじめ神保の鼻から出血が見える。

 3R、ガードを固めるピケオーに神保はガードの上からコツコツとパンチをヒット。距離が詰まる展開が続く中、ピケオーが強烈な左ボディを打ち込む。それを受けた神保がヒザをつくが、レフェリーはノーダウンと判断、しかし神保にはダメージの色が見える。それでも前進を止めない神保にピケオーはスイッチして右ジャブ、バックスピンキックを見せ威嚇。双方致命打を受けないまま終了のゴングを迎えた。

 ジャッジは三者とも30-28で有効打で勝るピケオーの勝利を支持。この勝利でピケオーはKRUSH最多の5度目の防衛に成功。神保は対日本人9連勝のピケオーを止めることができず、10個目の白星を献上することとなった。

ピケオーは会場にいた久保優太(左)に熱烈なラブコールを送った

 試合後にピケオーはマイクを握り「楽しい試合だった」と前置いた上で、「(神保選手は)“特攻”スピリットと聞いていたので立ち止まって殴り合うのをイメージしていたが、逃げまわられのでKOできなかった」と消化不良であることを明かした。

 そして次のターゲットとして公言している初代K-1 WORLD GPウェルター級王者・久保優太(K-1ジム五反田チームキングス)に向け、「次は久保優太選手のベルトを狙いに行くので首を洗って待ってて」とラブコールを送った。

 それを受けた久保は、解説席からリングへ直行し、まずは防衛成功を祝福。そして「いずれピケオーと組まれることがあれば頑張るのでよろしく」と対戦快諾ともとれる回答を返した。

 狙う首が目の前に現れたピケオーは「試合終わったばかりだが、リング上に一緒にいて、挑戦を受けてくれるということなので、すぐにでも戦いたい」と興奮気味。そして「いい選手だと認識しているが、特別な武器があるわけではないので、練習して倒したい」と改めて絶対王者である久保に挑戦状を叩きつけた。

試合後のコメントでピケオーは打ち合えなかった欲求不満を漏らした

 試合後のインタビューでピケオーは「調子が悪いのかと疑われたかもしれないが、試合はリラックスしてできた。特攻魂で打ち合ってくると思ったが、逃げられてしまった」とかみ合わない試合展開だったと告白。序盤から打ち合いに来る意志を感じなかったことから、今年3月の野杁正明戦のような展開にできなかったと残念がって見せた。

 ラブコールを送った久保優太については、「打てば打ち返してくる選手」と自分好みの対戦相手だと高く評価。「木村(フィリップミノル)、野杁(正明)、和島(大海)は打ち合いに来てくれた!久保ともそんな試合ができると思う」と、対戦の日を心待ちにしていると声を弾ませた。

 そのピケオーに判定で敗れた神保は「拳は固かったけど、差はなかった」と想定していたよりも戦力差はなかったことを明かした。しかし「打ち合った方が勝機はあったが打ち合えなかった」と強力なプレッシャーもあったことを告白。試合前から想定していた“特攻”は叶わなかったことに後悔。明暗分かれる試合後コメントとなった。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・ピケオーvs神保克哉は完全決着必至、ピケオー「ぶっ倒すまで笑い続けている」

・危ない場面も、ピケオーが野杁を下し対日本人9戦無敗に

・”特攻”神保克哉が愛国心、王者ピケオーに「日本人として負けられない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 新着情報 > 試合結果個別